pixta_8611705_M_R

アンダーヘアの自己処理は、女性なら誰もが悩んだ経験があることでしょう。カミソリで剃ると、デリケートな部分なので肌が荒れてしまうことがあります。

また、ハサミでカットすると、切った断面が鋭利になりチクチクした毛になってしまいます。ショーツから毛が突き抜けるという事態が起こることもあり、おすすめできません。では、アンダーヘアを自宅で簡単に処理できる方法はないのでしょうか?

この悩みを解決できるおススメ便利グッズは、アンダーヘア用の専用カッター=ヒートカッターです。アンダーヘアをカットするのではなく、熱で焼き切るため肌に優しく毛先が尖らず綺麗に処理できます

アンダーヘア用の専用カッターであるヒートカッターの仕組みと取扱い方法、注意点をご紹介します。

ヒートカッターの仕組み・取り扱い方法

pixta_21206008_m

ヒートカッターとは、アンダーヘアの専用カッターです。

カッターはコーム型になっており、コームに熱線が通っているのでアンダーヘアをコームにあてるだけで焼き切ることができます。熱線はコームの内側に付いており、肌に直接触れることがないため火傷を防ぎます。

アンダーヘアを焼き切ることで、毛先が丸く仕上がるのでハサミでカットしたようなチクチク感がありません。ショーツに毛が引っかかることや、ショーツから毛が付き出ることもありません。肌触りがよく均整のとれた綺麗なアンダーヘアを作ることができます。

ヒートカッターの取り扱い方法は、カットしたいアンダーヘアの部分にコームをあてて熱線で焼き切るだけです。初心者でも簡単に使用できます。ただし、カットしたい毛先をつまんでコームを通して焼き切っていくため、1㎝ほどの長さにするのが限界です。

ヒートカッターで処理する前には、どの部分をどの程度の長さで焼き切るかを考えてから処置に入るようにしましょう。処置前にショーツや水着を履いて脱毛部位を確認すると処置しやすいです。

ヒートカッター使用時の注意点

imasia_14986497_m_r_r

ヒートカッターは、処置したい毛をつまんで焼き切る作業を繰り返すため、時間がかかります

剛毛の方はそれだけ毛が多いので時間がかかってしまうでしょう。慌てて雑にすると火傷をしてしまう事もあるので、時間に余裕がある時に処置することをおすすめします。

また、ヒートカッターは熱線を利用して毛を焼き切るため、毛が濡れている状態では使用できません。水や湿気はヒートカッターの故障の原因となります。きちんと乾燥している状態で使用してください

お風呂場での使用も厳禁です。感電の恐れがあるのでお風呂場では使用しないこと、お風呂上りに使用するのであればアンダーヘアが完全に乾いた状態で使用するようにしてください。

ヒートカッターは、あくまでもアンダーヘアをチクチクすることなく綺麗にカットすることができるものです。毛根から抜いてしまう脱毛とは違うので、短くしたいからといって肌に近づけすぎないようにしましょう。

コームが付いていることで火傷防止効果はありますが、使用方法によっては火傷の恐れがあるので、1㎝以下にカットすることはやめましょう。

ヒートカッターのメリットデメリット

pixta_8611700_M_R

ヒートカッターのメリットは、自宅で簡単にセルフケアができることです。アンダーヘアの処理を人に頼むことに抵抗がある方も、ヒートカッターなら自分で安全・簡単に処理することができます。カミソリや電気シェーバーと違って肌を傷つけることがないので、敏感肌の方も使いやすいです

デメリットは、毛をつまんでコームで焼き切るため、全体を処理するためにはかなりの時間を要するということです。アンダーヘア全体を綺麗にする場合30分以上かかることでしょう。また、毛を焼き切る時に独特の臭いがします。気になる方はマスクをするなど臭いを防ぐ対策をとって処置をおこなってください。

ヒートカッターは様々なメーカーから販売されている人気商品です。

Amazonや楽天などで商品と口コミが掲載されているので、参考にしながら自分に合った商品を選びましょう。