0a67244aecfe0b4e6ec44c3158d

脱毛サロンエピレへ通う際は、自己処理など事前準備が必要です。いったいどのようなことをして、そのようなことに気を付ければよいのでしょうか?今回はエピレの事前準備や注意事項について、ご紹介します。

エピレの事前準備

84be0a485b0dc08d1e8fb12fec76f105_m_r

自己処理

エピレでは施術前に自己処理をしなければなりません。エピレではシェーピングサービスがないため、自己処理をしていないところを避けての施術となります。

施術が出来なかった場合には、2000円のキャンセル料が発生してしまいます。当日から2日前くらいの間に必ず毛を処理しておきましょう。

また、自己処理は肌が傷つきやすいカミソリではなく、電気シェーバーを使うのがおすすめです。毛を抜いてしまうと脱毛効果がなくなってしまうので、それだけは絶対にしないようにしてください。

最後に、稀にですが自己処理をしていても厳しいスタッフだとそり残しと指摘される場合があります。自己処理をするときはそり残しがないか最終確認をし、誰が見てもそり残しがないといえるような万全な状態にしておきましょう。

エピレで脱毛する際の注意事項

fac4f0100828793b66c3e90980070867_m_r

日焼けをしない

脱毛期間中は少なくとも二週間くらい前から、日焼けをしないように対策をしましょう。黒いものに反応するという脱毛方法なので、肌事態が黒いと肌にも反応をし、やけどしてしまう可能性があります。

日焼け止め・クリームやオイルを塗らない

特に夏に気を付けなければいけないのが、日焼け止めなどのクリームやオイルです。

エピレでの脱毛は黒いものに反応し処理していくという方法です。クリームやオイルが毛穴に詰まっていた場合、白くなっている場合があるので機器が毛に反応しないことがあります。そうなってしまうと脱毛効果がなくなってしまうので、脱毛前はクリームやオイルは塗らないようにしましょう。

予防接種は4日あける

予防接種は少量とはいえウイルスや細菌を摂取するので、人によっては脱毛することで、体調不良を起こす可能性があります。

前日はお酒や薬をさける

お酒を飲むと体温が上昇するため、汗をかくことで肌トラブルになったり、体が火照り赤みやかゆみが出る可能性があります。また薬によっては服用していると脱毛できないというものがありますので、事前にサロンに聞くか脱毛前後は服用を避けるなどしましょう。

エピレではシェーピングサービスがないので、自己処理は特に忘れないように気をつけましょう。