9004397c117179c398c9a78bdfd

カミソリでの除毛は一番簡単なので、自宅でムダ毛のセルフケアを初めて行った時に、カミソリを使ったという方も多いのではないでしょうか。

カミソリはドラッグストアやコンビニなどで簡単にリーズナブルな価格で手に入れることができ、気になるムダ毛をササッと剃ってしまうことができます。今回はカミソリの除毛方法やメリット・デメリットについてご紹介します。

カミソリの除毛方法

bd589e98f7fa2338d400779d8c851d74_m_r

カミソリは自宅で簡単にムダ毛を処理できる事から、誰でもやったことがあるのではないでしょうか。

カミソリでの除毛は、肌にカミソリをあててムダ毛を剃るだけです。ただし、カミソリはムダ毛だけでなく肌の角質を削ってしまう事もあり、肌トラブルが生じやすい除毛方法でもあります。使用方法に注意して除毛して行きましょう。

カミソリを使うタイミング

カミソリでムダ毛を処理するベストタイミングは入浴後です。入浴後の肌がキレイになった状態で、水分を拭き取ってカミソリを使います。入浴後は毛穴が開いている状態なので、カミソリで綺麗にムダ毛を剃ることができます。

剃る際には切れ味のよいカミソリを選び、脱毛用のシェービングクリームやコールドクリームを使うとよいです。石鹸を使うと肌に刺激が強すぎる時があるので、脱毛専門のクリームを使うのが一番良いでしょう。


カミソリでムダ毛を剃る方向

カミソリでムダ毛を剃った時に、肌の炎症を防ぎトラブルを回避するためには、ムダ毛を剃る方向に気を付けるようにしましょう。毛の流れに逆らって剃ると毛が逆立ち、肌が傷つくことがあります。毛の流れに沿って剃るのが基本です。

腕や太ももは内側(中心)から外側へ向かって剃ります。スネはひざから脚先へ剃ります。顔の場合は、あごは上から下へ、頬は内側から外側へ、おでこは上から下へ向かって剃ります。何度も剃ると深剃りとなり炎症や肌を傷つけることになるので止めましょう。


肌が敏感な時期には剃らない

肌が敏感になっている時期にはカミソリで剃ることは止めましょう。生理前や生理中・整理後の肌は特に敏感です。また、寝不足や疲れが酷い時、日焼けで肌がひりひりしている時などは剃らないようにしてください。


部位に合ったカミソリを選ぶ

カミソリは切れ味の良いモノを使うようにしましょう。使い古したものは衛生的にも良くないですし、無理やり毛を剃ることになるので肌を傷つけます。

T字カミソリは、身体の表面の広い部分に適しており、I字カミソリは顔やウブ毛など身体の細かい部分のムダ毛処理に適しています。

現在、カミソリは改良が重ねられ、より安全性が高く肌へのダメージが少ないモノが販売されています。脱毛部位や自分に合ったカミソリを探し、いつも新しく清潔なモノを使うようにしてください。


アフターケア

カミソリでムダ毛を処理した後、肌は保湿機能やバリア機能が損なわれた状態になります。そのため、アフターケアは大切です。ムダ毛処理をした後には、保湿クリームや乳液、化粧水でたっぷりと保湿するようにしましょう。

カミソリでの除毛メリット・デメリット

pixta_20210987_M_R

カミソリ除毛のメリットは、何と言っても簡単でお手軽にムダ毛を処理できる事です。自宅でお風呂上りにササッと処理できるので、気になるムダ毛をすぐに処理できます。

費用が安いこともメリットです。カミソリは数百円で購入できるので、若い世代の方も料金面を気にすることなく除毛できます。

カミソリによる除毛は、手軽でリーズナブルである分、デメリットが多いことも問題です。カミソリで毛を剃るだけでなく、肌の角質を削ってしまうので肌に炎症を起こし、カミソリ負けを起こすなど肌トラブルが発生しやすくなります。

また、皮膚の中に毛が生える埋没毛が発生しやすくなります。剃った当日は良いですが、次の日になるとチクチクした毛が生えてくることもカミソリの特徴です。剃った直後でも黒いポツポツした毛が現れるなど見た目もイマイチです。

何年もカミソリで処理を続けると、肌への刺激が強いために色素沈着を起こすこともあります。