a2fd974aab93de0f3a7fd94a78583aaa_m_r

医療脱毛のレーザーの中で、次世代レーザーマシンとして注目されている、ダイオードレーザー脱毛の特徴や痛み、ダイオードレーザー脱毛を対応しているクリニックをご紹介します。

痛みが少ないレーザー脱毛

pixta_7654518_m

ダイオードレーザーは、半導体を使って脱毛を行っています。波長の変更が可能であるため、肌の調子やムダ毛の濃さによってレーザーを調節しながら脱毛することができることが特徴です。そのため、日焼けした肌の脱毛や産毛の脱毛ができます。

ダイオードレーザーもメラニン色素に反応しますが、波長を調節できることから痛みの少ない脱毛ができるようになりました。今まで痛いというイメージがあった医療脱毛を痛みなく脱毛できるようにしたのがダイオードレーザーです。

日本人はメラニン色素を多く含む人種なので、日本人の脱毛にはダイオードレーザー脱毛が合っているでしょう。

毛の太さや日焼けに関係なく脱毛できて、痛みが少なく肌に優しいダイオードレーザーは、医療脱毛の次世代を担う脱毛方法です。

ダイオードレーザー脱毛で注目のマシン

bd589e98f7fa2338d400779d8c851d74_m_r

ダイオードレーザー脱毛の中でも、特に以下の2種類のマシンは脱毛効果が高い上、痛みが無くて、肌に優しいと人気があり注目されています。

ライトシュアデュエット

脱毛機器のヘッドが大きく、ジェル不要のため短時間で広範囲の脱毛を可能にしています。従来の1/3の時間で施術ができ、ヘッドが四角のため当て漏れがありません。

また、ライトシュアデュエット独自の吸引システムで、ムダ毛を皮膚から吸引し、毛包だけにレーザーが照射されるためほぼ無痛となっています。

吸引システムにより少ないレーザーの出力でも脱毛することができるため、肌に優しく、皮膚へのダメージを最小限に抑えることができています。

メディオスターNeXT

ダイオードレーザー脱毛マシンの中で最新型のマシンです。今まで不可能とされていた、ムダ毛の発毛因子「バルジ領域」をレーザーによって破壊して脱毛を行います。

じっくりとお肌に熱を与えてバルジ領域を破壊する蓄熱式脱毛方式です。毛母組織等の毛根を破壊することはないので、痛みはさらに軽減されます。

痛みの感じ方としては、「少し熱めのマグカップを肌に当てたような痛み」程度となっており、VIOなどのデリケートゾーンの脱毛が無痛で出来るようになりました。怪我の痕や硬毛化したムダ毛等、他のクリニックで断られた方も施術ができます。

蓄熱式の脱毛システムは、比較的弱い光を使ってゆっくりと脱毛を行っていくので肌への負担が少なく、肌を傷めずに脱毛できるマシンです。

今まではムダ毛の成長期にしか脱毛することができませんでしたが、バルジ式脱毛は毛穴に毛が生えてさえいれば、施術が可能なので、成長期~退後期にかけて施術を受けられます。

施術可能期間が長いことで施術の予約がとりやすく、脱毛に通いやすいというメリットも生まれています。

ダイオードレーザー脱毛の対応クリニック

c2fa7be52611fe59390f41980515e508_m_r

次世代マシンとして期待され、評価されているダイオードレーザー脱毛ですが、最新機器であるため導入されているクリニックが少ない状況です。

今現在対応しているクリニックは、ライトシュアデュエットの施術を行っているクリニックは、リゼクリニックアリシアクリニック・クレアクリニック、ドクター松井クリニックです。

メディオスターNeXTの施術を行っているクリニックは、SBC湘南美容外科クリニックリゼクリニックです。

ダイオードレーザー脱毛はとても優秀で口コミでも評判が良いため、ダイオードレーザーを採用するクリニックは今後増えていくと予想されます。