pixta_7654518_m

「ピルを飲んでいると脱毛できない」、「カウンセリング時にピルの服用について質問がある」、「ピルは色素沈着を起こす!」などの噂を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

避妊薬として有名なピルですが、生理周期の調整や子宮系の治療薬として広く使われており、服用している女性が多い薬です。実際にピルを飲んでいる方は脱毛できないのかどうか、何か副作用があるのか、ピルと脱毛の関係についてご紹介します。

ピルとは?

c450d01347c958d6008963e9b48d044b_s_r

ピルは経口避妊薬です。妊娠を望まない女性が、性交渉によって妊娠を防ぐことができます。ピルを服用すると、妊娠をした状態と同じようなホルモンバランスになるため、排卵が止まります。服用をやめると排卵して生理がくる状態へ戻ります。

ピルには、避妊薬としての役目だけでなく、ホルモンバランスを整えるという作用から生理不順や、月経前症候群(PMS)の治療など、酷い生理痛を改善されるためにも使用されます。また、子宮内膜症などの治療薬としても使用され、多くの女性が服用する薬となりました。

ピルと脱毛の関係性

pixta_11555300_M_R

広く女性の間で服用されるようになったピルですが、ピルを服用していると脱毛できないという噂は本当なのでしょうか。結論から言うとピルを服用していても、大抵の脱毛サロン・医療クリニックでは脱毛ができます

ただし、脱毛サロンの中には、医師の診断書を持参するよう指示される場合があります。また、個人経営の脱毛サロンではピルを服用していると脱毛を断られることがあります。

ピルを飲んでいることで脱毛に影響を与えることはほとんどありません。ただし、ピルを服用していて体調がすぐれないなど、身体に負担がかかっている時には脱毛を控える必要があります。

ピルの副作用と脱毛

pixta_12991255_M_R

ピルは、ホルモンバランスを安定させる薬ですが、飲み始めなど体調が安定しないときには副作用で身体の変化が起きることがあります。

副作用の一つ目は、色素沈着が起こりやすくなるということです。ピルを飲むと妊娠した時と同じになり、妊娠時に増えるエストロゲンやプロゲステロンという女性ホルモンが増加します。この二つのホルモンは、シミや黒ずみ、色素沈着の素であるメラニン色素を増やしてしまいます。

ピルを服用すると色素沈着を引き起こしやすい状態になるのです。脱毛のレーザーや光を照射しても、色素沈着を起こすことはありません。しかし、日焼けや肌に強い刺激・摩擦は色素沈着を起こします。ピルを服用中は日焼けに注意して生活しましょう。
副作用の二つ目は、ピルを服用すると女性ホルモンが増えるため体毛が薄くなるということです。

体毛は男性ホルモンが多いと濃くなり、女性ホルモンが多いと薄くなります。ピルを飲むと女性ホルモンが分泌されるため、体毛が薄くなります。その状態で脱毛をしてムダ毛がなくなったとしても、ピルの服用を止めて男性ホルモンの分泌が増えると体毛が増えることがあるのです。せっかく脱毛が終わったのに、ピルの服用をやめたらムダ毛が生えてきたという状況が起こることがあります。

以上二つの副作用は、ピルを服用して脱毛したことで起こることではなく、ピルを服用し体調が安定しない時期に起こる現象です。ピルを服用しながらスムーズに脱毛をおこなうためには、ピルの服用を開始してすぐに脱毛を始めるのではなく、ピルの服用後2~3ヶ月体調の様子を見て、安定してから脱毛を開始するようにしましょう。

カウンセリング時にはピルを服用していることを伝え、脱毛サロンや医療クリニックの指示に従いましょう。ピルを服用していても脱毛することはできるので安心して下さい。