pixta_16980087_m_r

ペースメーカーとは

c450d01347c958d6008963e9b48d044b_s_r

ペースメーカーは、心疾患で心臓の脈拍が低下した際に脈拍を一定数以下にならないように整える機械のことです。

基本的に、ペースメーカーは脈拍を監視する装置で、脈拍が低下した時にのみ作用します。ペースメーカーを入れたからと言って、一生心臓が動くことはなく、あくまでも心拍を調整し一定に保つための刺激を与えています。

医療用機器であることから、人間の生活圏に飛び交う電磁波の影響により、動作に支障をきたすことがあるので注意が必要です。携帯などの通信機器はペースメーカー植込み部位から15センチ以上離して使い、磁器マットや磁器ネックレスはペースメーカーに近づけてはいけません。

医療用脱毛はできるのか

pixta_7654518_m

さて、ペースメーカーを装着している方は、医療脱毛を受けることができるのかという疑問ですが、医療脱毛であれば脱毛ができるクリニックもあります

医療脱毛は病院で医療行為としておこなわれる脱毛であることから、医師の診断を受けて医師が施術可能と判断した場合は、ペースメーカーをしていていても医療脱毛を受けることができます。

対照的にペースメーカーをつけている方は、脱毛サロンで脱毛することができません。それは脱毛サロンが医療機関ではないため、万が一のトラブルにすぐ対応することができないからです。家庭用脱毛器についても同じ理由から、使用することはできません。

脱毛サロンも家庭用脱毛器も施術自体は問題なくおこなうことができても、万が一のトラブルに対するリスクを避けるために健康上に問題がある方の脱毛はおこなわないのです。

一方、医療脱毛では医師が診察を行い施術の可否を決定します。万が一のトラブルにも医師が対応します。使用しているレーザーマシンは安全基準をクリアしており、身体に影響を与えるような電磁波を発しません。ペースメーカーを付けていても、レーザーマシンだけは施術を安全におこなうことができるのです。

ただし、医療脱毛のクリニック全てがペースメーカーをつけている方の脱毛を許可しているわけではありません。自分が気になるクリニックがペースメーカーをつけていても脱毛できるかどうか、Webサイトや電話で確認しましょう。そしてカウンセリング時に医師に相談されることをオススメします。

100%安全性の保障はない

cdce98519c99f356f2404a11491

ペースメーカーをつけていても医療脱毛であれば脱毛することは可能ですが、レーザー脱毛の歴史はまだ浅く、何十年後の長期的なデーターはありません。そのため、100%安全が保障されているとは言いきれないのが現状です。

ペースメーカーをつけている方が医療脱毛を受け、現時点では何の異常もなく問題なく脱毛ができたとしても、何十年後という未来に健康への障害が出ないとは、今はまだ結果が出ていないので言いきれないのです。

医師の診断を受け、脱毛ができると判断されても、最終的に脱毛するかどうかは自分で決めます。将来的な被害について未知数であることを理解した上で、脱毛を受けるようにしましょう。