pixta_8611705_M_R

アレキサンドライトレーザー・ダイオードレーザーという、2大レーザー脱毛マシンが普及している医療脱毛クリニック業界ですが、このそれら以外にも、重宝されているマシンがヤグレーザーです。今回は、ヤグレーザー脱毛の特徴や痛み・対応クリニックについてご紹介します。

肌の深い部分まで波長が届く

4471a9452a8966195d4a0e8762afe00b_m_r

ヤグレーザーは、元々医療的治療に利用され、次第に美容や脱毛でも活用されるようになりました。美容では、肌のリフトアップやしわ治療に利用されているおり、肌に優しく、肌を美しくする効果があるレーザーです。

ヤグレーザー脱毛は、長い波長が特徴的で肌の深い部分まで波長が届き、しつこいムダ毛やしっかりと根を張ったムダ毛の脱毛に適しています。

毛根が表皮の深い部分にあると言われているVIOやワキ、男性のヒゲ脱毛に特に向いています。男性のヒゲは、濃くて太いために脱毛しやすいと思われがちですが、実は毛根までしっかりとレーザーが届かず、脱毛効果が出にくい部位でもあります。

それがヤグレーザーを使用すると、深い部分の毛根までしっかりレーザーが届くので、綺麗に脱毛することができます。

また、ヤグレーザーはメラニン色素に反応しないため、色黒や日焼けした肌、しみや色素沈着がある肌でも脱毛することができます。色素が濃い乳輪周りや肛門付近の脱毛も可能です。

ヤグレーザー脱毛の痛み

36fb2c95693ee71a0da4087c77316713_s_r

ヤグレーザー脱毛は波長が長く浸透性がありますが、他の医療脱毛に比べてパワーが弱いです。脱毛サロンの光脱毛よりは脱毛効果はあるものの、脱毛効果が出にくいので、脱毛効果を出すために、施術回数を増やす必要があります。

また、ヤグレーザー脱毛は強い痛みがあるというデメリットもあります。施術時の痛みを避けるためには、麻酔クリームを塗る方法や神経ブロックを行いながら施術をするという対策がとられています。

男性のヒゲの部分は、毛根が深く、毛が太くて濃い部位なので、麻酔をしても効かず、ヤグレーザー脱毛中は強い痛みに襲われるという方もいます。痛みに耐えながら施術をうけなければならない場合があるのです。

ヤグレーザー脱毛対応クリニック

pixta_7654518_m

ヤグレーザー脱毛は、脱毛のメリットもありますがデメリットも多いレーザーです。そのため、医療脱毛の中ではメインのレーザーマシンとして使用されることはなく、サブマシンとしてクリニックに採用されています。

他のレーザーマシンで処理できなかった色素の濃い部分(乳輪やIライン、Oライン)、ホクロやシミ・色素沈着のある部分の脱毛にだけ使用されることが多いです。

医療脱毛クリニックの中でヤグレーザー脱毛を採用しているのは、フェミークリニックリゼクリニック・東京美容皮膚科クリニックなどです。全てのクリニックで他にも複数のレーザー脱毛マシンが採用されており、肌やムダ毛の状態によってヤグレーザーを使用しています。

ヤグレーザー脱毛を採用しているリゼクリニックは「ジェントルYAG」を使用しています。ガスによる冷却システムを搭載しており、脱毛時の痛みや火傷を防ぐことが可能です。

レーザーを照射すると同時に、冷却ガスを噴出して肌の急激な温度上昇を防ぐため、肌に優しいだけでなく、施術前にジェルを塗るという手間を省くことができます。これならジェルが肌に合わないという方も安心です。

痛いと言われるヤグレーザーの中でも「ジェントルYAG」は、比較的痛みを軽減することができています。痛みが原因でヤグレーザーの脱毛を断念していた方にもオススメできるマシンです。