pixta_8612234_M_R

現在大人気の脱毛クリニックであるリゼ。最近では効果の高い医療脱毛でムダ毛を処理する方がとても多いです。

リゼの人気部位のなかにIラインが含まれていますが、脱毛を希望している方の中で多い質問がIライン粘膜も脱毛できるのか?というものです。今回はリゼクリニックとIライン粘膜について、詳しくご紹介します。

リゼとIライン

pixta_8611705_M_R

リゼのIラインは、膣の周辺以上の周りと小隠唇の内側の部分を指します。Iラインの脱毛をする際に多い質問が、膣の周辺の粘膜の部分の脱毛が出来るかどうかです。

ネットなどを見てみると、医療脱毛であれば粘膜の部分も脱毛が出来るとありますが、リゼではその部位の脱毛をすることができません。個人差もあるかと思いますがほとんどの場合、粘膜の部分にムダ毛が生えていることはありません。そのため、脱毛が出来ない部位でもありますが、Iラインのムダ毛はきれいに脱毛できるはずです。

また、粘膜でなく通常のIラインであっても、色素沈着がひどい場合は脱毛できない場合もあります。肌やムダ毛の状態によっては肌トラブルになることもあるので、医師がしっかりと見極めたうえで施術を行います。

粘膜の部分にレーザーがあたったら?

imasia_14986497_m_r_r

基本的には粘膜部分にムダ毛は生えていません

ですがその周辺を脱毛する際に、粘膜にレーザーが当たる恐れもあります。粘膜の部分はとてもデリケートなので、レーザーが当たった場合やけどしてしまう可能性もあります。施術の際にその辺はとても気を付けますが、粘膜の施術が難しいのはそのような理由があることを頭に入れておきましょう。

ムダ毛が残る可能性も

膣の周辺で以上の周りであれば脱毛が可能ですが、ぎりぎり膣周りに生えているムダ毛はレーザーを当てられない場合もあります。もしもムダ毛が残ってしまう場合は、自己処理で対応しましょう。自己処理の場合は肌を傷つけてしまわないように、必ず電気シェーバーを使いましょう。

Iラインはトラブルが多いので注意を

imasia_14784671_m

Iラインは照射範囲が明確ではありませんし、人によってムダ毛が生えている部分が大きく違います。きちんと目にする部分でもないので、自分でもなかなかわかりません。そのため契約前にクリニック側ときちんと話し合いをしておく必要があります。

「照射範囲を確認しておく」「ムダ毛の状態を確認してもらう」「ムダ毛をすべて照射しきれるか聞いておく」この三つを話ずれずにカウンセリング時に確認しておきましょう。

話がすれ違ってしまうと脱毛後に、ムダ毛が残っている・仕上がりに納得できないなどのトラブルがでてきます。現にIラインを含むVIOはトラブルが多い部分なので注意してくださいね。

リゼではカウンセリングは必ず女性が行うので、話すのが恥ずかしいIラインについても、じっくり話すことができます。また肌質やムダ毛を見極めて、一人一人に合った施術を行ってくれます。効果が高く肌トラブルが起きにくい脱毛をしてくれますよ。

リゼは脱毛時だけでなくその後も安心できるので、不安なIラインの脱毛も気軽にお任せできます。