4c94db3c359936ba6fbd7910a91

CMでも話題のクリニックリゼは、とても大人気で多くの方が通っています。リゼだけに限りませんが、脱毛機器を使うときはやけどのリスクがあります。もしもやけどした場合はどうしたらよいのか?どのような時に起こりうるのか?とても気になりますよね。今回はリゼとやけどについて詳しくご紹介します。

どうしてやけどが起こるのか?

cdce98519c99f356f2404a11491

リゼをはじめとするクリニックやサロンの脱毛は、脱毛機器が黒いもの(メラニン)に反応することで発生する熱を利用し、毛根の細胞を破壊していきます。このようにムダ毛を処理していくのですが、レーザーが強すぎると肌のメラニンにも反応してしまい、その熱でやけどしてしまう場合もあるのです。

レーザーの出力は強ければ脱毛効果が高く、弱いと低くなってしまいます。そのため肌に影響がない程度に、最大限の出力で施術する必要があります。リゼでは医師がきちんと肌を見極めて出力を調節していきますが、肌やムダ毛の状態は個人差がありとても難しい技術になります。

そのためごくまれにですが、やけどしてしまう恐れがあるという事です。また、日焼けなどで肌が黒い場合、肌にメラニンが多く含まれている状態なので、レーザーの出力は弱めるしかありません。さらにやけどをするリスクも高くなります。

やけどしたらどうすればいいの?

pixta_23010650_M_R

やけどするのは稀といっても、もしもやけどした場合はどうすればよいのでしょうか?

リゼではやけどした場合、医師が責任をもって診察をして、お薬も出してくれます。やけどが治るまできちんと対応してくれますし、もちろん再診料やお薬代は無料となります。

レーザー脱毛で起こるやけどは重いものではなく、あとが残ってしまうようなものは今までリゼで発生していません。脱毛で起きた肌トラブルについては、予約も優先的にとってくれます。

永久脱毛をするには出力を押さえることはできないので、脱毛をしたいのであればやけどのリスクをゼロにすることはできません。ですがリゼでは、リスクがなくなるための努力やミスした場合は責任をもって対応するなどの努力を怠ることはありません。

常に上を目指しているクリニックなので、リスクがあるとはいえ信頼があります。

リゼだけでなく、クリニック・サロンで脱毛をするには、やけどのリスクが0になることはありません。そのためやけどにならずに脱ㇺ効果が得られる丁度良い施術がどれだけできるかが大切になってきます。リゼは店舗数もたくさんあり、利用している方も多いので実績もあります。もしもやけどになっても感知するまで責任を持って対応してくれるリゼなら、安心して脱毛に通うことができますね。