pixta_22004570_M_R

脱毛する際はクリニックでもサロンでも、必ず施術前にムダ毛を処理しておく必要があります。もしも忘れてしまった場合などはスタッフにやってもらうことになりますが、その際にかかるのがシェーピング代です。

どこで脱毛をしようか決める際は、脱毛料金やサロンの雰囲気などで決めてしまうことが多いですが、シェーピング代のような追加料金についてもあらかじめしっかりチェックしておくのがおすすめです。今回はリゼのシェーピング代について、詳しくご紹介します。

リゼクリニックはシェーピング代は?

84be0a485b0dc08d1e8fb12fec76f105_m_r

気になるシェーピング代ですが、リゼでは無料となっています。

事前に自己処理をしておかなければいけないことはわかっていても、誰でもうっかり忘れてしまうことは一度はありますよね。さらに背中などの手の届きにくい部分は自己処理をするのがとても大変です。そんな時も追加料金がなくシェーピングをしてくれるというのはとても嬉しいポイントです。

他のサロンでもシェーピングしてくれるところはたくさんありますが、ほとんどの場合シェーピング代を取られます。また基本的に1回1000円以上はするので、剃り忘れが重なってしまうと総支払額はどんどん膨らみます。

自己処理をしていても稀にそり残しとみなされる場合があります。でもリゼではそんな心配をする必要もなく、毎回安心して通うことができます。

リゼはシェーピング代以外にも追加料金なし

pixta_16597378_M_R

リゼクリニックは脱毛料金だけというわかりやすい料金設定になっていて、追加料金は一切かかりません

シェーピング代だけでなく、カウンセリング料・再診料・処置療・予約キャンセル料・うち漏れ再照射料などすべて無料です。初めに契約した料金以外かかることがないので、思っていた料金と違うということもありません。

自己処理がいらないという事ではありません

リゼクリニックではシェーピング代は無料ですが、ムダ毛処理をしない状態で通っても良いということではありません。あくまでも自己処理をしたうえで、そり残しがあった場合に無料でシェーピングしてくれるというものです。

そり残しが多くシェーピングに時間がかかってしまう場合、予約の枠は決まっているのでその分照射範囲が少なくなってしまう可能性があります。そのため自己処理を忘れないというのが一番です。自己処理は忘れないように、スケジュール帳に予約日だけでなく「自己処理」と書いて置いたり、常に3日1回くらいのペースで行っておくとのがおすすめです。

また、自己処理をするときは毛抜きはNGです。毛抜きで毛根までない状態だと、脱毛機器が反応してくれず脱毛が出来ません。カミソリを使用する女性が多いですが、カミソリは肌を傷つけてしまうこともあるため、おすすめなのは電気シェーバーです。あてるだけで自然に処理してくれますし、持ち歩きもできるので部位によっては出先でも処理ができます。

リゼクリニックはシェーピング代を含む追加料金全てが無料です。他のクリニックやサロンでも見ないサービスなので、お得感がありますね。料金が明確なので、契約時に支払総額が決まります。無料というだけで何回でもサービスを利用できて、安心して脱毛へ通うことができます。