pixta_22329635_M_R

CMでも話題のリゼクリニックは、大人気の脱毛クリニック多くの方が通っています。脱毛の予約をしていても、急に予定が入ったり生理になってしまったりなど、キャンセルが必要になることもあります。そんな時リゼではどうすればよいのでしょうか今回はリゼとキャンセルについて、詳しくご紹介します。

リゼのキャンセル方法

pixta_22490009_M_R

リゼでキャンセルしたいときは、予約2日前の20時までに連絡をしなければいけません。

来店が難しいとわかった時点で、すぐに連絡をするようにしましょう。そうすることで、他に予約を入れたかった方が代わりに入ることができます。

キャンセル方法は基本的に電話での対応となりますが、公式サイトのお問い合わせからも可能です。その際は、名前・カルテNO・予約していた日時を必ず記載するようにしましょう。お問い合わせの場合、すぐに確認してもらえるとは限らないので、予約ギリギリの場合には、必ず電話連絡をしましょう。

また、キャンセルして再び他の日に予約を取りたいという場合、直近での予約振り替えは難しくなります。脱毛の間隔があいてしまいますので、あらかじめ頭に入れておきましょう。

リゼを無断キャンセルしてしまったら?

c7ab02dd34797669a2a6a19fd6db8c7e_m_r

無断キャンセルはお店に迷惑がかかるので、絶対に下はいけません。ですが、そう思っていてもうっかり忘れてしまうこともあるでしょう。もしも無断キャンセルしてしまった場合は、気づいた後でも良いので、予約を忘れてしまっていたと連絡をしましょう。

また、リゼではキャンセル料がないので、キャンセルの期限を過ぎてしまってもお金がかかることはありません。コースの消費も基本的にはありませんが、繰り返し迷惑をかけることがあると、消費されてしまうこともあります。

なぜリゼにはキャンセル料がないの?

4c94db3c359936ba6fbd7910a91

多くのクリニックやサロンでキャンセル料がかかりますが、なぜリゼにはそれがないのでしょうか?リゼは予約がとりやすいシステムになっていて、空きが出た場合LINEなどですぐに配信されます。それを見た予約を入れたかった方や、当日に脱毛しようとしていた方が、すぐに予約を入れてくれるので時間を無駄にしてしまうことがほとんどありません。そのためキャンセル料を取らずに済むのです。

すべて予定通りにいくとは限らないので、もしもいきなりキャンセルしなければいけないときに、無駄な出費が出ないのは嬉しいですよね。忙しい方や、うっかりさんはリゼがとてもおすすめです。

生理の日はキャンセルがおすすめ

リゼでは生理であってもVIOやお尻以外の施術は行えます。ですが生理の時は他の部位であっても脱毛はおすすめしません。

生理中はお肌が敏感になっている時期なので痛みを感じやすかったり、ホルモンバランスが乱れているため脱毛効果がでなかったりします。生理の影響は人によって様々ですがこのようなデメリットがいくつかあるので、1回分の無駄にしないためにも可能であれば生理でない日に予約を取り直しましょう。

リゼでは予約2日前の20時までにキャンセルをしなければいけないという決まりがありますが、過ぎてしまった場合でもキャンセル料やコースの消費がないのはとても嬉しいポイントです。だからといって、キャンセル連絡を後回しにするのはやめてくださいね。リゼはこのようにサービスに充実しています。こちらの記事を参考に、リゼでムダ毛のない美肌を目指しましょう。無料カウンセリングであればWEBから簡単に予約をとることができますよ。