90044e1efb77693418bcca20a8e

CMでも良く知られている大人気の脱毛クリニックのリゼ。リーズナブルな価格やサービスなどを見てリゼを利用するかが多いですが、契約前には有効期限についても知っておくのがおすすめ。期限が短いか長いかによって、自分のペースで通えるのかが大きく変わります。今回はリゼの有効期限について、詳しくご紹介します。

リゼの有効期限は?

pixta_6750237_m

リゼクリニックの有効期限はどのコースも5年となっています。

こちらのコースは5回コースしかないので、1年に1回の頻度で通えればよいという事になります。そう考えるととても余裕のある期限なので、自分のペースで通うことができますね。脱毛は基本的に3カ月に1回の頻度で通いましょうというところが多く、期限も2年ほどのクリニックやサロンがほとんどです。

ゆっくりと期限を気にせずに通いたいという方は、リゼでの脱毛がおすすめです。また、リゼでは5回コース終了後はムダ毛の状態に合わせて1回ずつ追加していくというものになります。そのためコースを一度終了してしまえば都度払いですし、期限を気にせずに脱毛できます。

リゼを解約したいときはどうなるの?

c450d01347c958d6008963e9b48d044b_s_r

リゼに通っている間に、もしも解約したくなったときはどうすればよいのでしょうか?リゼでは契約期限の5年以内であればいつでも解約することができます。ただし期限の5年を過ぎてしまうと契約終了となりますので、自動的に解約となります。たとえコースの脱毛回数が残っていたとしても返金もしてもらえなくなるので、途中で解約をしたいときは必ず契約から5年以内に手続きをしましょう。

解約は手続きの予約を取り、店舗で書類に記入するだけで簡単にできます。返金のお振込みは解約手続きをした日から約1か月後となりますが、手続した日が契約期間であれば問題ありません。後回しにせず早めに対応するのがおすすめです。

リゼの期限を延ばすことはできる?

pixta_22490009_M_R

脱毛は長い期間を要するものです。例えば妊娠してしまったり、病気やけがなどで一時的に通えなくなったりなど、やむ負えない理由で脱毛が出来なくなることもあるでしょう。そんな時どうすればよいのか悩んでしまう方もいるかと思います。まず、リゼではどのような理由であろうと期限を延ばすことができません

なぜかというと5回コースに対して有効期限が5年というのはそもそもとても長く、期限を延ばすことをしなくても十分回数を消費できるという考えだからです。女性の中で脱毛へ通えなくなる理由に多い妊娠で考えてみると、その場合妊婦の間の10ヵ月から生理が再開するまでの間脱毛が出来なくなります。長くても2年ほどなので、その場合3年間は脱毛へ通えるということになります。

タイミングやどれだけ脱毛をしていたか、出産後きちんと通えるかなど状況にもよるかと思いますので、今後の生活のことを考えたうえでそのまま継続するか解約をしておくか決めてくださいね。

中には、期限を延長できるクリニックやサロンの方が良いのでは?と思う方もいると思いますが、他のクリニックやサロンではもともとの期限が2年で、2年間だけ延ばせるというもともとの期限が短いところが多く、期限を延ばせたとしてもリゼと大きくは変わりません

自分に合っていないと通いきれなくなってしまうなどのトラブルになってしまうことのある契約期限ですが、リゼでは5年ととても長いので、安心して通うことができますね。これなら忙しい主婦やOLさんも気軽に利用できます。無料カウンセリングであればWEBから簡単に予約をとることができますよ。