imasia_15428078_m_r_r

脱毛に通い始めたのは良いですが、引っ越しや妊娠・お店の雰囲気が合わなかったなど、途中で解約をする方も少なくありません。今回は大人気の脱毛専門店リゼクリニックの解約について、詳しくご紹介します。

リゼクリニックの解約方法

pixta_22490009_M_R

リゼクリニックは契約後、いつでも解約できます

ですが注意しておかなければいけないのが契約期間です。リゼクリニックの契約期間は5年。契約中なので5年以内の間であればいつでも解約ができますが、それを過ぎてしまうと自然と契約終了となるので、脱毛回数を消費していなくても解約することはできません。

もちろん返金もなしです。この契約期間5年という事だけは頭に入れておきましょう

リゼクリニックでの解約方法はとても簡単です。まずは解約手続きをするための予約を取ります。予約日に来店をしたら解約書類に記入をするだけ。後日指定口座へ返金されます。解約手続きをする際や印鑑と返金先口座の通帳が必要となりますので、忘れないようにあらかじめ注意しておきましょう。

また医療脱毛を行う場合、医療ローンで契約した方もいるかと思います。その場合他のクリニックでは自分で手続きしなければいけないところがおおいですが、リゼではそちらの手続きもすべてやってくれるので安心してくださいね。

リゼクリニックの返金額

c97c5117ed7266263934dc84fc2

リゼクリニックでは多くのサロンでかかる解約手数料や、違約金などが一切かかりません。そのような料金を引かれることなく、全額返ってきます。ただしコースでの計算ではなく単発料金での計算となります。

例えば、わき脱毛の料金5回20000円の場合で3回脱毛しているとすると、(20000円÷5回=8000円)一回分が4000円となるので2回分残っていると考えて8000円×2回=8000円が返ってくると思っている方が多いです。ですがこれはコースで5回施術した場合の料金なので、消費できなかった場合わき脱毛の単発料金で計算されるという事です。

そのため実際は、わきの単発料金4900円×3回分=14700円となり、始めに支払った20000円-14700円=5300円が返金されます。なので、途中で解約するとなると、今までの脱毛は単発料金で行っていたという事になります。

リゼクリニックでの注意点

c7ab02dd34797669a2a6a19fd6db8c7e_m_r

契約期間延長はできない

他のクリニックやサロンでは妊娠などのやむ負えない理由の場合、契約期間を延長することができます。ですが、リゼクリニックではどんな理由でも契約期間は5年と決まっているので、妊娠してしまった場合解約をする方の方が多くみられます。

妊娠中はもちろんその後生理が再開し安定するまでは脱毛が出来ないので、意外と長い期間通えなくなります。再び通い始めてから数年残っていても、その間に回数分消費できないようであれば無駄になってしまいます。出産後の生活も考え、解約か継続しておくか考えましょう。

単発料金でも計算しておく

先ほど出てきたように、解約した際は単発料金で脱毛していたという事になります。誰でも絶対に解約をしないとは言えないので、もしもの場合で解約した時のことも考え、単発料金でも納得できるようであれば、リゼクリニックへ通うようにしましょう。

返金は約1か月後

乗り換えを考えている方は、返金額をそのまま次のクリニックやサロンに使おうと思っている方が多いです。それ以外の理由でも返金を何かに使おうとしている方は、すぐに帰ってこないという事だけ頭に入れておきましょう。約1か月後に指定口座に振り込みあされます。また1カ月たっても返金されない場合はお問い合わせをしてみましょう。

注意しなければいけないポイントもいくつかありましたが、違約金や解約金などがなく、きちんと返金してくれるというのはとても大きいですね!これなら安心して脱毛に通うことができます。