560909600ebd13c78e02bbb8a9bdb713_m_r

ワックス脱毛とは、ワックスと呼ばれるとろみのある特殊な液体を肌に塗り、時間を置いて固まってから一気に剥がし、毛を毛根から引き抜く脱毛方法です。

海外セレブ達の間でワックス脱毛は一般化しており、ムダ毛を処理するための身だしなみとして行われている脱毛方法です。また、「ブラジリアンワックス脱毛」は、ワックス脱毛によってVIOラインの脱毛を行うことです。

ワックス脱毛の方法・適している部位

pixta_22004570_M_R

ワックス脱毛は、ワックスと呼ばれる水あめのような液体を脱毛したい部位に塗ります。

温度は常温ではなく、レンジで少し温めてとろりとした液体になるようにする方法が一般的です。しばらく時間を置き、専用のシートを上に貼って、毛の流れと反対方向に一気に引きはがします。

脱毛サロンや医療クリニックでの脱毛と違って、毛根組織を弱らせたり破壊したりせず、毛根から抜き取る方法なので脱毛というよりも除毛するという方が合っているでしょう。毛根を破壊したりすることがないので、肌とムダ毛に優しい脱毛方法です。

ワックス脱毛は、ボディエステやフェイシャルエステを行っているエステサロンで施術を受けられることが多いです。また、自宅でセルフ脱毛できるキットも販売されており、ワックスをレンジで温めるタイプや、シートに塗布された状態で販売されているものもあります。

ワックス脱毛に適している部位は、顔以外全身です。デリケートラインであるVIOラインの脱毛にもピッタリです。ただし、ムダ毛にワックスを塗って引きはがす必要があるため、セルフで行う場合は自分の手の届く範囲の脱毛に限ります。誰かの協力があれば、背中など手が届かない部分の脱毛も可能です。

ワックス脱毛のメリット・デメリット

pixta_21206008_M_R

ワックス脱毛のメリットは、いつでも手軽に、気になったらすぐに脱毛することができるという事です。

自分で行うセルフキットを購入しておけば、自宅でいつでも手軽にできます。単価も安いので、リーズナブルに脱毛できます。カミソリやシェーバーで剃るよりも綺麗な仕上がりになりますし、もちがよくなります。

ワックス脱毛のデメリットは、毛を引き抜く時に痛みがあるという事です。ワックスを固めて、毛の流れと反対方向へ引き抜くので痛いです。VIOラインなど皮膚が薄い部分・デリケートな部位・毛が密集している部位は特に痛みを伴います。

また、脱毛サロンや医療クリニックのように毛根を弱らせたり破壊したりしないので、毛は必ず再生してきます。カミソリやシェーバーで処理するよりも持ちはよい、という程度の除毛にしかすぎません。

肌が弱い方や敏感肌の方はワックスが肌に合わない場合もあります。広範囲を一気に処理して肌荒れなどのトラブルを起こさないためにも、初めてワックス脱毛をする際には小さい範囲で試してみることをお勧めします。

 ワックス脱毛をする際の注意点

29cec53f9827d855bab98070f4c8bf65_s

ワックス脱毛をセルフで行う場合は、肌荒れなどのトラブルが発生することも多いため、注意点をよく理解して脱毛を行いましょう。

脱毛を行うときには、肌にオイルや日焼け止めなど付いているとワックス脱毛の効果が落ちるので、何もついていない状態にします。

また、ベビーパウダーを肌に塗ると脱毛効果が上がります。ベビーパウダーを塗って肌の汗を吸収させ、すべすべの手触りにしておくとワックスが毛に密着してキレイに脱毛することができます。

そして、脱毛後には患部を冷やして清潔な状態にしておきます。脱毛した後は毛穴が開いた状態になっているので細菌が入って炎症を起こさないよう清潔にし、お風呂もシャワーにして身体を温めすぎないようにしましょう。

最後は、自分の肌に合う化粧水や保湿クリームをたっぷりと塗って肌に潤いを与えます。スキンケアを丁寧に行うことで仕上がりがキレイになります。