pixta_7654518_m

脱毛するのであれば医師の診断の下でできる、医療脱毛がしたい。同じ医療脱毛でも、クリニックによって使用しているマシンは違います。今回は医療レーザーマシンの特徴や選びかたを紹介したいと思います。

医療レーザーマシンの特徴

pixta_17573771_m_r

医療レーザーは黒い毛のメラニン色素に反応し、照射することで熱が毛に吸収され、毛根の組織を破壊することで脱毛が完了します。一度破壊された部分はもう毛が生えてくることはありません。黒い部分にしか反応しないため、皮膚を傷つけることもありません。

最近ではマシンもどんどん進化を続け、痛みが少なくより効果をえられるものが多く存在します。脱毛サロンなどで使用される美容脱毛マシンとの違いは、簡単に言うとマシンの出力です。

資格のいらない美容脱毛では、出せる出力が弱く、医師の下で施術できる医療脱毛マシンは出力が強いので脱毛効果が高いです。料金は美容脱毛と比べると高額ですが、その分少ない回数で済むので総額は変わらないという場合も良くあります。

肌トラブルが出てしまった際も、医師が常勤している医療脱毛であれば、早く対応することができるので安全性が高いというのもポイントです。

医療レーザーマシン紹介

cf97df2d1189268261274748791fe0f9_m_r

(1) ダイオードレーザー

低刺激で痛みが少ないのがポイントです。ほかのマシンと比べると照射範囲が広いので、スピーディーに脱毛することができます。

(2) ロングパルスヤグレーザー

名前の通り、色素に吸収される波が長くより深いところまで届きます。そのためV・Iラインなどの頑固な毛におすすめのレーザーです。

(3) アレキサンドライトレーザー

冷却風などを肌に吹き付けながら照射するため、痛みが少なくはじめにジェルを塗っておく必要がありません。ジェルのべたべた感などが苦手という方におすすめです。

(4) YAGレーザー

上記に出てきたレーザーたちは、メラニンに反応してしまうので、日焼けなどの黒い肌にも反応してしまうため、照射できません。こちらのレザーはそんな色黒の肌にも使えます

(5) G-MAX

皮膚への影響が少ないので、デリケートゾーンや毛深い毛にも対応できます。こちらも同じ色黒の肌にも照射することができます。短時間での施術が可能です。

(6) ライトシェア・デュエット

吸引することで皮膚をのばし、毛のメラニンだけにピンポイントで照射することができます。そのため、出力が弱くても効果を得られます。他のマシンと比べると、痛みはほとんどありません。

医療脱毛クリニックの選び方

pixta_16597378_M_R医療脱毛をしたいけれど、どこのクリニックが良いのか迷っているという方は、医療レーザーマシンで選んでみるのも良いかと思います。

レーザーマシンの種類を見てわかるかと思いますが、マシンによって効果は大きく違い、例えばダイオードレーザーでは効き目があったのにロングパルスヤグレーザーでは全然効果が出ないということも多々あります。

色々なマシンがあれば部位によっても使い分けてくれたりするので、より多くの種類のマシンがあるというところがおすすめです

ちなみに、人気の医療脱毛クリニックのなかで、3つ以上のマシンを取り揃えているところはリゼクリニックフェミークリニックです。

特徴や選び方を押さえてより効果的な脱毛を

今回は、医療レーザーマシンについて詳しく紹介させていただきました。同じ医療レーザーマシンでも種類によって、効果や内容が大きく異なることが分かりました。脱毛効果を左右するマシンはとても重要です。あらかじめどのマシンが自分に合っているのか、カウンセリングなどで診てもらうのも良いでしょう。

こちらの記事を参考に、特徴やマシンの選び方などを押さえて、より効果的な脱毛をしましょう。