pixta_16980087_m_r

医療脱毛のレーザーは、脱毛サロンよりも脱毛できる部位が少ないと思われがちですが、実際は医療脱毛も脱毛サロンと同じ部位を脱毛することが可能なんです。

それでは、医療脱毛はどこまで脱毛することができるのでしょうか。

医療脱毛は全身脱毛可能

8e59eb4aa29ce1b551b409bed04

医療脱毛よりも脱毛サロンの方が、「全身脱毛」できるといった印象が強いのではないでしょうか。

それは、医療脱毛のレーザー脱毛よりも、脱毛サロンの光脱毛の方が痛みが少ないので、そういったイメージがあるのかもしれません。

医療脱毛が日本で広まった1980年代は、アレキサンドライトレーザーを使って、脱毛を行っていました。全身脱毛を可能としていましたが、脱毛時の痛みが強いことがデメリットとなり、顔やVIOなどのデリケートゾーンの痛みが特に強く、痛みに耐えられず脱毛を途中断念する方が後を絶ちませんでした。

そういった経験から、医療脱毛の脱毛威力は強いけれど、全身脱毛には向いていないといイメージがついたのかもしれません。

近年、医療脱毛のマシンは開発が進み、ダイオードレーザーやヤグレーザー等のアレキサンドライトレーザー以外のマシンが登場するようになりました。

このダイオードレーザーやヤグレーザーは痛みが少ないため、VIOやワキ、うなじといったムダ毛が濃くて太い部位から顔や指先の産毛まで、快適に少ない痛み脱毛することが可能です。そういったところから、現代の医療脱毛は脱毛サロンと同等の全身脱毛を快適に行えるようなっているのです。

医療脱毛できない部位もある?

imasia_14784671_m

現代の医療脱毛は全身の顔から指先まで、少ない痛みで快適に脱毛できるということがわかりました。ただし、全身の部位の中でも脱毛できない部位がいくつかありますのでご紹介します

眉下の毛(まぶたの毛)

眉間や眉毛上部の脱毛はできるところがほとんどですが、眉毛の下の部分、まぶたの上にある毛については脱毛できません。

これは眼球の周りにレーザーを当てることで、失明の恐れがあり脱毛リスクが高いこと、目の周りの皮膚は薄いためにレーザーを当てるとキケンなこと、医療脱毛は基本的に骨がある部分の脱毛しかできないので、まぶたという骨がない部分の脱毛はできないと判断されるという理由から脱毛することはできません。

鼻の中の鼻毛の毛

鼻の中には粘膜があるので、残念ながら脱毛することは不可能です。

ホクロやアザに生えている毛

ホクロやアザはメラニン色素を多く含むため、レーザーを当てると火傷を起こす可能性があります。痛みもかなり強いので、脱毛することはできません。ホクロやアザの周りを脱毛する場合には、テープなどで保護して施術を行います。

もみあげの医療脱毛は限定される

cf97df2d1189268261274748791fe0f9_m_r

医療脱毛の脱毛部位の中で、クリニックによってはできない部位もあります。

それは「もみあげ」です。もみあげ部分は皮膚が薄く、骨に近い部位であることから痛みを強く感じやすい部位なのです。

現在、もみあげの医療脱毛を可能としている病院は、湘南美容外科のみとなっています。

湘南美容外科では脱毛部位に塗るタイプの麻酔を使って脱毛することができるので、痛みを強く感じる部位でも脱毛することができます。

医療脱毛は脱毛サロンと同じく全身脱毛することができますが、全身脱毛や顔脱毛と言っても、クリニックによって脱毛できない部位があります。脱毛前に、自分が脱毛したい部位が脱毛できるのかどうかしっかりと確認して契約を結ぶようにしましょう。