pixta_16980087_m_r

脱毛サロンと共に、脱毛を受ける女性が増加しているクリニックでの医療脱毛。病院で脱毛ができるという点で、安全や安心面から医療脱毛を選択する女性も多くなっています。今回は医療クリニックでよくあるトラブルについてご紹介します。

1.医療脱毛の火傷によるトラブル

c450d01347c958d6008963e9b48d044b_s_r

医療クリニックで行われるレーザー脱毛は、脱毛サロンの光脱毛に比べてエネルギーが強いため、レーザーの出力が強すぎたりすると、火傷などの肌トラブルを起こしやすいです。

レーザー脱毛のマシンは、厚生労働省より認可の下りたマシンであり、一度施術を行うと二度と毛が生えてこないという永久脱毛を実現していますが、その分出力が強く使い方を誤ると火傷や水ぶくれ、かさぶたや赤みが出ることがあるのです。

医療脱毛は病院で行われる脱毛であるため、火傷など肌トラブルを生じた際にはすぐにその病院で治療を受けることができますが、万が一、治療を行う段階で医療クリニックとトラブルになった場合は、消費生活センターへ相談するようにしましょう。

また、医療クリニックで火傷などの肌トラブルに合わないためにも、契約前に医療クリニックについてしっかりと調べておく必要があります。ホームページの情報や広告は、都合の良いことばかり記載されていることがあるのでうのみにせず、十分に注意が必要です。自分が受けるレーザー脱毛の施術内容や方法についても事前に調べておくとよいでしょう。

契約前に、施術内容の説明だけでなくそのリスクや施術の効果についてもしっかりと説明を受けるようにしましょう。

2.医療脱毛の痛みによるトラブル

36fb2c95693ee71a0da4087c77316713_s_r

脱毛サロンと違って、医療クリニックでは施術時の痛みが酷いことにより、施術を中断したり解約したりするトラブルが多く見られます。

レーザー脱毛は毛のメラニン色素に反応して施術を行い、エネルギーの強いレーザーで毛母組織や毛乳頭を破壊して脱毛を行うため、その脱毛効果が高い分、痛みを伴うのです。

毛の密集している部位、濃い部位、皮膚が薄く痛みを感じやすい部位は特に痛みを感じます。特にデリケートゾーンであるVIOは痛みを強く感じる部位です。他にはうなじやワキも痛みを感じやすい部位です。

痛みがひどすぎて、途中で施術を辞めてしまうケースからトラブルに発生することがあります。施術前のカウンセリングで、レーザーの種類や痛みについて詳しく聞いておく必要があります。

照射を事前に体験できる医療クリニックであれば安心です。どの手度の痛みか事前に知っておくと、実際に施術に入ってトラブルへ繋がることは少ないでしょう。

3.医療脱毛でクーリングオフや中途解約のトラブル

pixta_16980087_m_r

医療クリニックでの医療脱毛は美容医療サービスと見なされ、医療行為であるため特定商品取引法の適用外となり特定商取引法に基づくクーリングオフや中途解約などの規定が適用されないことがあります。

しかしながら、クーリングオフや中途解約を行ってくれる医療クリニックもあるので、事前に調べておく必要があります。

契約前のカウンセリング時には、口頭だけでなく契約書でクーリングオフ・中途解約について明記されていることを確認してください。中途解約には解約手数料の有無なども調べておくと安心です。

クリニックの説明に納得するまでは契約しないようにすることです。一旦契約すると、無効条件に返金を受けることは難しいということを理解して契約を行うようにしましょう。

医療クリニックでトラブルに合わないようにするためには、契約前に複数の医療クリニックを比較検討することが大切です。過大広告や安さだけを売りにして強引に契約させるようなクリニックは避けるようにしましょう。契約前の情報収集がとても大切です。