8e59eb4aa29ce1b551b409bed04

てんかん持ちでも、脱毛をしたい気持ちは同じ。一生自己処理なのは、確かに面倒です。てんかん持ちの場合脱毛をすることはできないのでしょうか?今回はてんかんと医療脱毛について、詳しく説明していきたいと思います。

てんかんでも脱毛できるの?

cdce98519c99f356f2404a11491

結論から言いますとてんかん持ちであっても、脱毛をすることができます。ただし脱毛できるのは医療脱毛に限定され、主治医の許可が必要になります。

脱毛サロンはコースや料金設定などがとても充実していて、とても人気です。ですが、過去に発作が起きたことがあるというだけでも拒否されてしまうほど厳しいので、てんかんの場合脱毛してもらえることはありません。

サロンでは責任が取れないので、てんかんもちの場合拒否されてしまうのです。何かあったときに医師と素人では対応も大きく変わります。自分自身のためにも、医師の下で脱毛できる医療脱毛がおすすめです。

医療脱毛であれば医師や看護師の判断の下で脱毛することができるため、脱毛拒否されることはほとんどありません。ただし、いつでも好きな時に脱毛できるのかと言われると、そういうわけではありません。てんかんといっても症状は人それぞれです。脱毛できるかできないかは、その時の状態にもよります。

医療脱毛の場合はサロンよりも脱毛機器の出力が強いので、回数が少なく脱毛期間も短いです。期限などがないので、調子が良いときに自分のペースで通うことができます。

医療脱毛でも拒否される場合

imasia_14784671_m

先ほどもでてきたように、脱毛できるかできないかは、その時の症状によります。医療脱毛でも拒否される場合を見ていきましょう。

光や刺激で状態が悪化してしまう症状
光過敏性てんかんといって、光に過剰反応してしまう症状の場合は、脱毛できないことが多いです。

とくに過去に光が原因で発作を起こしたことがある方は、難しいかもしれません。現在は症状が安定いるという場合は、医師の判断により脱毛できることもあります。

・難治性てんかん
てんかん発作が頻繁にある場合の難治性てんかんの方は、脱毛機器の光や刺激で発作をおこしてしまう可能性があるので、脱毛することはできません。

現時点ではできなくても、あきらめずに治療を続けることで、状態がよくなれば脱毛することができます。

・薬を服用している場合

抗てんかん薬を服用している場合は、脱毛をすることができません。この薬以外でも、副作用などで光アレルギーを起こすことがある場合のものも同じです。

施術前日または当日に薬をとめられるのであれば、脱毛することができます。

まずは医師の診断を受けましょう

かかりつけの医師でも、直接医療脱毛クリニックへ行っても良いので、まずは医師の診断を受けましょう。

症状によっては脱毛できないこともありますが、てんかんや服用薬を隠すということは絶対にやめましょう。あらかじめ伝えてくおくことで、もしものことがあった場合に自分自身も安心です。

てんかん持ちでも、脱毛をあきらめる必要はありません。今脱毛ができない場合は治療に専念し、少しでも早く脱毛ができるよう頑張りましょう。