bd589e98f7fa2338d400779d8c851d74_m_r

医療脱毛は産毛に効果が薄いと言われてきました。それは、医療脱毛のレーザーは毛のメラニン色素に反応して脱毛を行うからです。濃くて太い毛の脱毛には効果的ですが、メラニン色素が少ない産毛には反応しにくいため思うように効果が出ていませんでした。

しかし医療脱毛は日々進化し、新しい性能を持ったマシンが開発され、産毛も医療脱毛ができる時代になりつつあります。医療脱毛と産毛の関係、産毛も脱毛できる医療脱毛マシンについてご紹介します。

医療脱毛のマシンと産毛

8e59eb4aa29ce1b551b409bed04

医療脱毛で広く使われているアレキサンドライトレーザーは、毛が濃くて太い部分への脱毛に効果的であるため、産毛には適していません。また、男性のヒゲ脱毛やVIO脱毛向きのロングパルスレーザーも、産毛には適していません。

しかし、ダイオードレーザーは、アレキサンドライトレーザーとは波長が異なるため、比較的産毛にも効果が出やすいです。

産毛を脱毛できると宣伝している美容クリニックは、ダイオードレーザーを使用していることがほとんどです。ただし、ダイオードレーザーは脱毛効果が低いので、通常の医療脱毛の倍以上の施術回数が必要となります。

産毛も脱毛できるメディオスターNeXT

pixta_7654518_m

脱毛マシンの進化により、医療脱毛は産毛の脱毛ができないという、今までの常識を覆す最新脱毛マシンが登場し、産毛の脱毛に悩んでいた女性達の悩みを解消することができるようなっています。

中でも「メディオスターNeXT」という脱毛マシンは、今までとは全く違う方法で施術を行い、産毛の脱毛を可能にしています。

メディオスターNeXTは、ダイオードレーザーの一種ですが、毛の毛母組織を破壊するのではなく、毛が生える発毛因子である「バルジ」に作用して脱毛を行っています。

バルジは毛根よりも少し上の部分にあり、毛の周りの組織にあります。バルジがあることによって発毛を促し、このバルジ部分をレーザーでダメージを与えることで脱毛を行う脱毛方法です。

バルジ領域に徐々に蓄熱させて毛根へダメージを与えるため、痛みが少なく肌に優しい脱毛を実現しています。また、バルジ領域は、60℃位に温めると毛がその後生えることはなくなります。高温で毛母組織を破壊する方法とは異なるので、痛みなく脱毛できるのです。

そしてさらに、毛のメラニン色素に関係なく脱毛できるため、産毛の脱毛にも効果的なのです。退行期の毛にも効果的であることから、(毛穴に毛さえ残って入ればよい)脱毛期間を短縮することができます。脱毛回数は4~5回、最短4ヶ月で脱毛の完了が可能です。

施術時間も短く、脱毛効果は高いという優秀なマシンでありながら、料金は他の脱毛マシンと同程度の料金設定になっているので安心です。

産毛の脱毛を諦めていた方も、メディオスターNeXTを導入している美容クリニックを受診すれば、キレイに脱毛してもらう事ができます。現在、KM新宿クリニック・アリシアクリニック湘南美容外科クリニックなどの大手美容クリニック(美容外科)で、メディオスターNeXTを採用しているので、気になる方はぜひ体験してみてください。