ff272b4ac745a25414419db7a0ec6870_m_r

医療脱毛クリニックで行われる医療レーザーは、ムダ毛の毛根にある毛組織を破壊して行うため、強いエネルギー量を必要としています。肌の状態によっては施術延期や、施術を断られることがあります。では、虫刺されやニキビ、ニキビ跡がある肌について、程度であれば施術可能なのでしょうか。

医療脱毛と虫刺され

imasia_14986497_m_r_r

施術前に虫に刺されてしまった場合、医療脱毛クリニックでは脱毛はできません

虫に刺された部分をかきむしってしまった場合はもちろん、刺されただけで掻かなくても、肌が赤くはれあがっている状態では脱毛できません

虫刺されといっても、傷の一種であることから、医療レーザーをあてると傷口を悪化させてしまい、色素沈着を引き起こすことがあります。そのため、脱毛前に虫に刺されると施術を断られてしまうのです。虫に刺された部分・炎症を起こしている部分が小さい範囲であれば、シール保護で施術を行う場合もあります。

普段から虫に刺される事のないよう虫よけスプレーなどを使って肌を保護することが大切ですし、万が一虫に刺されてしまった場合は、薬を使って適切に処置し炎症を最小限に留めるように心がけましょう。

医療脱毛とニキビ

ac9d98555fdcc08cce8354e9980

ニキビの場合は、ニキビの状態によって施術可能か不可能かに分かれます

ニキビの炎症が小さく、根もはっていない白いニキビであれば、通常通り施術が行われます。しかし、赤く炎症を起こしている場合や、化膿しているニキビに対しての施術は行われません。医療レーザーを当てることでニキビ部分を悪化させる恐れがあるからです。

ニキビ自体にレーザーが反応することはありませんが、傷口に医療レーザーを当てると痛みが生じますし、ニキビの奥に隠れていた毛にレーザーが反応した場合は熱をもち肌にダメージを与えてしまいます。

ニキビの照射の有無については素人では判断できないので、医療脱毛クリニックの医師が症状を見て判断します。医療脱毛は医療機関で行われる脱毛であるので、肌のトラブルや炎症部分の脱毛にも医師が診断をしてくれるので安心です。

ニキビが酷い場合は、薬などできちんと治してから脱毛に入ります。脱毛サロンはエステティシャンが脱毛を行うので、脱毛に対する安心感が違います。

ニキビなど肌トラブルを抱えている方は、医療脱毛クリニックを受診されることをオススメします。

医療脱毛とニキビ跡

c450d01347c958d6008963e9b48d044b_s_r

ニキビ跡の場合は、く薄い状態であれば脱毛することができます。

医療レーザーの中にはフォトフェイシャルに使用されているマシンもあり、薄いニキビ跡はレーザーを当てることで綺麗に治ってしまいます。ただし、あくまでも脱毛に使用されるレーザーは脱毛専用であるため、ニキビ跡を治すための施術ではありません。ニキビ跡を治療したい場合は、専門のクリニックを受診するようにして下さい。

黒や赤黒いニキビ跡に関しては、医療レーザーを当てることで、色素沈着を引き起こすなど肌トラブルに繋がるため脱毛はできません。医療レーザーは黒いメラニン色素に反応して脱毛を行うので、黒や赤黒い部分へ照射すると強い痛みを伴い、酷い場合には火傷を起こしてしまいます

。ニキビ跡にはシールが貼られ、その部分は避けて施術が行われます。

医療脱毛をするとニキビができにくい?

脱毛をすると毛穴が締まり、皮脂の分泌が減少します。そのため、過剰分泌された皮脂が毛に詰まることで起こるニキビができにくくなるというメリットがあります。

ニキビに対しては医療レーザーを当てることはほとんどの場合できませんが、脱毛することでニキビ自体を予防することができるのです。