1da698d01d24d7e56cde56b1f94

医療脱毛クリニックでレーザー脱毛を受けた後、自宅へ帰ってからのアフターケアで脱毛効果を高め、肌のトラブルを防ぐことができます。今回は医療脱毛後のアフターケアについてご紹介します。

医療脱毛後は保湿を!

888c133de9da3abc3b696d44c9368196_m_r

脱毛後の肌は、乾燥しやすく、敏感な状態になっています。乾燥した肌をそのままにしておくと肌が赤くなる、痒みが出る、炎症を起こすなどのトラブルが発生してしまいます。

脱毛をするようになったら、お風呂上りに保湿ケアを行うように習慣づけたいところです。また、脱毛当日はいつも以上にたっぷりと保湿をしましょう。

保湿剤は、ローションや化粧水、乳液など普段お使いの保湿剤を使います。高価なモノを用意する必要はありません。自分の肌に合った保湿剤を使って、たっぷりと保湿します。普段保湿剤を使っていないという方は、肌に低刺激のタイプを購入して使用して下さい。

医療脱毛後のお風呂はシャワー

脱毛当日は、肌が敏感な状態にありレーザー照射で熱を持った状態です。熱いお風呂へ浸かると、体内の温度が上昇し肌の炎症を広げ、痒みを引き起こしてしまいます。脱毛当日は、湯船に浸かることを控えシャワーで入浴を済ませましょう。

シャワーを使う時のポイントは、ぬるめのお湯で優しく洗い流すことです。シャワーのお湯が熱すぎても、肌に刺激を与えてしまいますので注意が必要です。

また、脱毛部位をタオルで強くこすることも厳禁です。泡立てた泡をつけ、そっと洗い流す程度にして下さい。

肌を必要以上に刺激しないことが大切です。そして、入浴後は保湿剤でたっぷりと保湿をしましょう。

医療脱毛後の日焼けは避ける

fac4f0100828793b66c3e90980070867_m_r

脱毛後は、脱毛した部位が日焼けしないように気を付けましょう。脱毛部位に紫外線があたると、炎症を起こし、色素沈着やシミができることがあります。

脱毛当日は、脱毛した部位によりますが衣服で隠せる部位であれば、衣服で隠すのが一番です。日焼け止めを塗って保護することも方法の1つですが、脱毛当日は肌が敏感な状態であるため、肌が弱い方や肌が赤い・熱を持っているという方は日焼け止めクリームを使用せず日焼け対策できる方法をとってください。

日傘を使うのが一番簡単で便利です。

医療脱毛後は飲酒・運動は禁止

お風呂と理由は同じですが、身体を温めてしまう飲酒・運動も脱毛当日は禁止です。身体がポカポカと内側から温まると、脱毛部位が炎症を起こします。

また、運動すると汗をかくので、その汗が脱毛直後の毛穴に入り雑菌を繁殖させ毛嚢炎などの肌トラブルを引き起こす事もあります。脱毛当日は、飲酒と運動は避けましょう

医療脱毛後は身体を締め付けない衣服を着用

pixta_13178861_M_R

脱毛後の肌は敏感なので、衣服の摩擦さえも肌トラブルの原因になります。

VIOや足脱毛をした場合には、ピッタリとしたパンツを着用するのは止めましょう。ふんわりとしたスカートが安心です。Gパンなどの硬い生地の洋服ではなく、柔らかく肌に優しい綿や絹の生地が良いです。

就寝時のパジャマも同じく、化学繊維ではなく綿や絹の生地を使ったパジャマを着用しましょう。身体を必要以上に締め付けない、摩擦を起こさない、肌に優しい素材の衣服を着用して脱毛後の肌トラブルを防ぎましょう。

脱毛直後は、肌トラブルに遭いやすいので刺激を与えるようなことを控える!ということが大切です。そして保湿をすること。冬の乾燥する時期には、加湿器を使うなどして肌に潤いを与えるように心がけましょう。肌に適度の水分量があり、潤っている状態だと次回以降の脱毛もスムーズに施術ができます。