pixta_16597378_M_R

医療脱毛を受ける前に、事前に準備しておくことがあります。きちんと事前準備ができていないと、施術を断られる場合や、別途料金が発生することもあるので注意が必要です。

事前準備はカウンセリング時に説明を受けるので、自己管理をしてきちんと準備するよう心がけましょう。

医療脱毛部位のシェービング

84be0a485b0dc08d1e8fb12fec76f105_m_r

脱毛する部位は、前日までに自分でシェービングしておきましょう。多くの医療脱毛クリニックでは、脱毛部位のシェービングは自分で行うように指導されます。

自身でのシェービングは、時間短縮はもちろん、前日までにシェービングを済ませることで、一旦肌を落ち着かせることができるので、肌トラブルを防ぐことができるというメリットがあります。IやOライン、背中等手が届かない部位以外は自分でシェービングを行いましょう。

医療脱毛当日にシェービングしてしまうと、肌が敏感な状態になり、場合によっては赤くなってしまうこともあるので適していません。前日までに処理をして、保湿剤で肌を整え、落ち着かせた状態で施術日を迎えるようにしましょう。

また、医療脱毛クリニックによっては、シェービング忘れ、剃り残し分の剃毛料が別途必要になるところもありますので要注意です。前日までに処理を済ませ、余裕を持って施術当日を迎えるように心がけましょう。

ムダ毛処理に毛抜きは使わない

9ec6f6476bf01c0fdb9f804cb7ca464c_m_r

脱毛部位の自己処理は、カミソリやシェーバーを使って処理するようにし、毛抜きは使わないようにしましょう。

毛抜きはムダ毛を毛根から抜き取るので、処理後の見た目が綺麗ですし、処理後に毛が再生するまでの期間もカミソリやシェーバーに比べて長いので多くの女性が行っています。しかし、毛抜きで毛根から抜き取ると毛の毛周期を乱してしまいます。

脱毛は毛周期に合わせて施術を行うので、毛周期を乱してしまうとせっかく脱毛しても脱毛効果が出なくなってしまいます。脱毛をする部位の自己処理には、毛抜きは使わないようにし、毛周期を整えましょう

医療脱毛前の日焼けに注意

fac4f0100828793b66c3e90980070867_m_r

脱毛を予定している部位は、日焼けしないように気を付けましょう。日焼け止めクリームや衣服で隠すなどして紫外線対策を行います。

レーザー脱毛は、毛の黒い部分・メラニン色素に反応して脱毛を行います。肌が日焼けして黒い状態では、肌にレーザーが反応して火傷になるなどの肌トラブルが生じるので脱毛を断られてしまいます。

脱毛する部位は、日頃から日焼けをしないように心がけましょう。

医療脱毛前は体調を整える

pixta_21859347_M_R

脱毛前には、体調を整えることが大切です。医療脱毛は医療行為としてレーザー脱毛を行います。

体調を整えた状態で施術を受けないと、施術後にトラブルとなる場合があるので、万全の体制で施術を受けるようにしてください

予防接種後は2週間経ってから

予防接種後は体調を崩しやすく、医療レーザーの照射で体調が悪化することや、熱が出ることがあります。予防接種を受けた場合は、必ず2週間経ってから脱毛を受けるようにしましょう。

持病・アレルギーは事前のカウンセリングで申告

場合によっては脱毛を断られることがありますが、持病を隠したまま施術を受けて、トラブルに遭うことが一番危険です。

医療脱毛クリニックは病院なので、症状によっては治療を行って治癒してから施術する場合や、治療を並行しながら施術を行うことができます。そのため、気になることがあればかならずカウンセリングで聞いてみましょう。

事前準備をしておくと、脱毛効果も高まり、脱毛トラブルを回避することができます。

自分でできること心がけることばかりなので、必ず守るようにしてください。分からないことは医師に相談して解決してから施術を受けるようにしましょう。