36fb2c95693ee71a0da4087c77316713_s_r

永久脱毛を実現している医療脱毛ですが、それほど強力なレーザーマシンを使うと、肌に支障が出ないのかと不安になるものです。

医療脱毛で火傷をした、水ぶくれができたという肌トラブルについて、噂を耳にした方もいらっしゃることでしょう。実際に医療脱毛は、火傷や水ぶくれなどの肌トラブルを起こすのでしょうか。

医療脱毛火傷や水ぶくれのリスク

imasia_11926082_m_r

医療脱毛の施術を受けて、火傷や水ぶくれの副作用に見舞われる方は年々減少傾向にありますが、ゼロとは言い切れないというのが現状です。

医療脱毛は高い脱毛効果があると同時に、強いエネルギーを必要とする脱毛方法です。

医療機関で医師が診断を行い、肌やムダ毛の状態を見て脱毛マシンの出力レベルや照射時間を決定しています。この判断を誤ると火傷や水ぶくれの副作用が起きます

また、施術を行う医師や看護師の未熟な技術力でも同様のトラブルが起きることがあります。

医療脱毛で使用するマシンは、年々改良され、痛みが少なく肌に優しいレーザー脱毛が可能となっています。リスクの少ないレーザー脱毛ができるようになりつつあるため、火傷や水ぶくれのトラブルは減少しています。

それでも、火傷や水ぶくれトラブルがゼロになったとは言えない状況です。医療脱毛では、万が一のトラブルがあるということを理解しておくことが必要です。

火傷や水ぶくれの原因

c450d01347c958d6008963e9b48d044b_s_r

同じ施術を受けても、人によって火傷や水ぶくれになるリスクが違います。肌の状態によってどのような症状が出るのかご紹介します。

日焼けをした肌

医療脱毛は、メラニン色素にレーザーが反応して脱毛しています。メラニンは黒い色に含まれているため、肌が黒い場合は肌にレーザーが反応してしまいます。

日焼けをした肌や自黒の方が医療脱毛を受けると火傷や水ぶくれのトラブルになりやすいので、脱毛期間中は日焼けをしないよう心がけましょう。

肌が弱く乾燥肌

肌が弱い方、乾燥肌の方は、外的要因に左右されやすいため、医療脱毛のレーザーを照射することで肌がヒリヒリしたり、赤みを帯びたり、酷い場合は火傷や水ぶくれに繋がることがあります。

医療脱毛は医療行為として脱毛を行うため、肌が弱い方や乾燥肌の方は施術前のカウンセリングで先生に相談し、肌の状態を改善してから施術に臨むなど対策が必要です。

ホクロやシミ、アザへの照射

メラニンを多く含むホクロやシミ、アザへ照射するとレーザーが強く吸収されてしまい、火傷や水ぶくれを引き起こしてしまいます。

通常、ホクロやシミ、アザには保護テープを貼って照射を防ぐ処置が施されます。万が一レーザーが照射されて赤みなどが出た場合は、薬を処方してもらいきちんとケアしてください。

火傷や水ぶくれのトラブルに遭わないために

pixta_22490009_M_R

医療脱毛で火傷や水ぶくれトラブルに遭わないためには、クリニック選びを慎重にすることが大切です。

施術前にカウンセリングや事前診察を行う病院を選択し、先生や看護師の印象、事前診察をきちんと行ってくれるかどうか自分で確認しましょう。

また、口コミや評判を参考にしましょう。口コミや評判はサクラもあるのであくまでも参考程度にし、最後は自分で判断することが大切です。

日常の肌のケアを怠ることなく肌を良好な状態に保ちながら、安心安全の施術を行う医療脱毛クリニックを選ぶことが火傷や水ぶくれトラブルを回避することができる一番の方法です。