imasia_14784671_m

医療脱毛は毛根の毛母組織を破壊して脱毛を行うため脱毛効果は高いですが、その分施術時の痛みがあります。特に毛が濃く・太く・密集している部位の痛みは激しく、VIOラインなど痛みが強すぎで脱毛を途中でやめてしまう方もいるほどです。

市販薬の解熱鎮痛剤『ロキソニン』を服用して脱毛の痛みを避ける方法は、肌や身体に影響はないのでしょうか。医療脱毛とロキソニンの関係についてご紹介します。

ロキソニンとは

8e59eb4aa29ce1b551b409bed04

世間一般に広く鎮痛剤として知られている「ロキソニン」は、元々頭痛や生理痛の痛みを抑えるための薬として利用されています。その他、歯痛・関節痛・骨折痛・打撲痛・外相痛の鎮痛や解熱剤としても使用可能です。

ロキソニンは、痛みや熱そのものを改善する働きはなく、痛みや熱を抑える働きをしてくれる対処療法として使用される薬品です。

ロキソニンの成分であるロキソプロフェンナトリウムが炎症を抑える作用があり、発熱を抑えて熱を下げる、腫れや発疹を抑える、痛みを一時的に和らげることができます。

医療脱毛でロキソニンを服用できる?

pixta_7654518_m

では、医療脱毛時の痛みを抑えるために、鎮痛剤であるロキソニンを服用することができるでしょうか。

医療機関によっては、事前にロキソニン服用を推奨しているクリニックもあり、脱毛時の痛みを抑える鎮痛剤として使用することができます。

ロキソニンを飲んで脱毛を受けても、肌や脱毛効果に影響は与えません。ただし、ロキソニンの効き具合は個人差があり、脱毛部位によってはロキソニンを飲んでも痛みを改善することはできない場合もあります。

脱毛部位の中でも特に痛みの強いVIOは、毛が濃く・太く・密集している部位であることから、せっかくロキソニンを服用しても効果が得られないことがあります。

ロキソニンの服用に関しては、脱毛を受けるクリニックに事前に申告するようにしてください。医師の了承のもと、服用するようにしましょう。

また、ロキソニンの使用には年齢制限があり、15歳以下、65歳以上の方の服用は禁じられています。該当される年齢の方はどんなに痛みが辛くてもロキソニンを服用することは止めてください。そして、使用上の用法・容量は必ず守りましょう。

ロキソニンに代わる痛み止め

pixta_16980087_m_r

脱毛時の痛み止めとして、ロキソニンに代わるものは麻酔薬になります。麻酔薬は笑気麻酔・麻酔クリーム・麻酔テープが医療脱毛では使用されています。

麻酔薬は解熱鎮痛剤のロキソニンよりも痛み止めとしての効果が高いため、ロキソニンを服用しても痛みに耐えられなという方は、麻酔薬を使用できないかクリニックに相談してみましょう

医療脱毛クリニックでは、脱毛部位やムダ毛の濃さ・太さ等に合わせて麻酔薬を使い分けています

麻酔クリームや麻酔テープは表面麻酔で、塗った(貼った)部分しか麻酔ができません。根が深いムダ毛の毛根部分には麻酔が行き届かない場合があります。

笑気麻酔はガスを吸入すると不安や恐怖心がなくなり、緊張が和らいでリラックスできる麻酔法です。歯科治療でもよく利用されており、安心で安全な麻酔として広くい利用されています。

麻酔薬はクリニックによって設備の有無が違いますので、痛みが怖い方、痛みに耐えられず脱毛できない方は事前に麻酔の設備が整った医療機関を受診するようにしましょう。

麻酔薬は脱毛料金以外に別途料金が発生しますので、最初はロキソニンを試してみて、それでも痛みに耐えられない場合は麻酔薬を利用することをおすすめします。