pixta_7654518_m

医療脱毛(レーザー脱毛)は、毛根のメラニン色素にのみ反応してムダ毛を作る毛の組織を破壊し、脱毛する方法です。一言でレーザー脱毛と言っても、医療脱毛で使われているレーザーは数種類あります。

今回は、現在一般的に使われているダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザー、ロングパルスヤグレーザー(YAGレーザー)についてご紹介します。

最新機器ダイオードレーザー

4471a9452a8966195d4a0e8762afe00b_m_r

医療脱毛のレーザー機器の中でも、最新機器であるのがこの「ダイオード―レーザー」です。

医療脱毛は照射時の痛みが強いというデメリットがありました。このダイオードレーザーは半導体を用いて作られており、波長を調節することができるため痛みを軽減することに成功しました。今までできなかった顔のうぶ毛や日焼けした肌にも施術が行えるようになったのも特徴です。

照射範囲が広く、短時間で広範囲の脱毛ができます。毛の太さや肌の色に関係なく脱毛ができて、肌へのダメージや痛みが少ないレーザー脱毛です。

アレキサンドライトレーザー

1997年以来日本に導入され、医療脱毛市場で広く使われていたレーザーです。

レーザー脱毛のマシンの中でも一番高温で、エネルギー量が高いため一気に照射して脱毛を行っていきます。

冷却風や冷却ガスを皮膚に吹き付けて冷やしながらレーザーを照射していきます。焼却装置が付いているので、ジェルを塗る必要がありません。そのため、ジェルを塗ってふき取るという手間がなくなり、施術時間を短縮することができます。ジェルによるアレルギーが気になる方におススメの脱毛方法です。

デメリットは、エネルギー量が高く、高温で短期間に処理をするため、痛みが強いことです。毛の密集している部分などはメラニン色素が強いため、痛みも強くなります。

ロングパルスヤグレーザー(YAGレーザー)

pixta_20210987_m

男性の脱毛に最も適していると言われるレーザーです。その理由は、他のレーザー脱毛マシンの中で最も波長が長く、深達度が高いからです。

肌のより深い部分までレーザーが届くので、毛根が表皮深くにあると言われる、ワキやVIO脱毛、男性のヒゲ脱毛に適しているのです。地黒など肌が黒い方も脱毛することができます。

レーザーの波長が長いため、より深い部分にレーザーが浸透し、肌を傷めることが少ないことも特徴です。ただし、他のレーザーに比べて威力が弱いというデメリットがあり、人によっては脱毛効果が見られない・感じにくい場合があります。

またダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーに比べてロングインパルスヤグレーザーを導入している病院(クリニック)が少ないというデメリットがあります。

レーザーでフェイシャルケアを行うこともできるので、様々なケアを行うことができるマシンでもあります。

自分に合うレーザー脱毛を探そう

pixta_7654518_m

レーザー脱毛には様々な種類と特徴があることがわかりました。痛みに関しては、下記の順番で軽減していくイメージです。

アレキサンドライトレーザー>ロングインパルスヤグレーザー≧ダイオードレーザー

ロングインパルスヤグレーザーとダイオードレーザーの痛みは大差ありません。

ダイオードレーザーが、レーザー脱毛のマシンの中で最新機器であり、次世代のレーザー脱毛を担うマシンとして開発されていることから、痛みに関しても一番改善されているマシンであるため、痛みが少ないマシンだと言えるでしょう。

自分に合うレーザーはどのレーザーか見極め、そのレーザーマシンを導入している病院(クリニック)を選ぶと失敗することはありません。

病院によっては複数のマシンを所有し、脱毛部位や肌質によって使い分けている事もあります。事前に電話やカウンセリングで調べて、納得のいくレーザー脱毛を受けられるようにしましょう。