imasia_14784671_m

1度の施術で確実に脱毛し、永久脱毛できるのは医療脱毛(レーザー脱毛)は、効果がある分、エネルギー量が強いために肌トラブルを生じやすい脱毛でもあります。医療脱毛の肌トラブルについてご紹介します。

施術後の赤み・むくみが生じる

ac9d98555fdcc08cce8354e9980

医療脱毛では、エネルギー量の高いレーザーで照射を行うため、個人差はありますが、施術後の肌に赤みやぽつぽつと毛穴が膨れるむくみが生じます。これは、特に毛が濃くて太い部位の施術後に多く見られる症状です。

医療脱毛では、施術後に炎症止めのクリームや軟膏を処方してもらえます。その薬を自宅でセルフケアを行う際に使用していれば、2~3日で症状はなくなります。

初めての施術後に赤みやむくみの症状に驚いてしまう方が多いですが、まずは薬を塗り様子をみましょう。それでも症状が引かない場合は、病院で診察を受けるようにします。

単なる赤みやむくみだと思っていたら、火傷や毛嚢炎だということになるとトラブルに繋がる場合があるので、自己判断せず医師の診断を受けましょう

火傷や毛嚢炎

36fb2c95693ee71a0da4087c77316713_s_r

医療資格保持者しか施術に携わることができない医療脱毛では、一人一人の肌とムダ毛の量や濃さに合わせて、使用するマシンのエネルギーを調節しています。

そのマシンの調節が合わず、レーザーが肌に過敏に反応してしまうと、赤みが出て酷い場合は火傷に発展するのです。

毛嚢炎は照射を行った毛穴にムダ毛がなくなり、穴が開いている所に雑菌が入ることで、炎症を起こしてしまう肌トラブルです。ニキビのように白いプツっとしたできものができます。

毛嚢炎も医療脱毛で生じやすい肌トラブルですが、炎症を抑える飲み薬や塗り薬を塗ることで症状は改善されます。毛嚢炎かもしれない症状が出た場合には、すぐに脱毛を行った病院(クリニック)受診しましょう。