4c94db3c359936ba6fbd7910a91

医療脱毛は皮膚がんになる。というウワサを耳にしたことがありますか?医療脱毛に限らず、脱毛=怖い・キケンというイメージを持たれている方は少なくないでしょう。

医療脱毛は皮膚がんになるというウワサの真意と、レーザーの種類についてご紹介します。

医療脱毛は赤外線

imasia_13592885_m_r

医療脱毛で使われているレーザーは、赤外線の一種です。皮膚がんの原因は紫外線となるので、医療脱毛の赤外線と皮膚がんの紫外線は波長が違います

医療脱毛の赤外線が、皮膚がんを引き起こすという可能性はゼロといえます。医療脱毛は安心安全にムダ毛を脱毛することができる方法なのです。

また、放射線のレーザーと医療脱毛のレーザーを混同している方は、放射線を浴びると皮膚がんに可能性があるというリスクを、医療脱毛にも同じように置き換えて勘違いしている場合が多いです。医療脱毛レーザーは赤外線なので、発がん性はありません

電磁波の周波数の違い

c450d01347c958d6008963e9b48d044b_s_r

赤外線・紫外線などの光は電磁波の一種です。電磁波には周波数があり、周波数が低いほど安全と言われています。

光の周波数で比べると、医療脱毛で使用される赤外線は周波数が低く安全です。

紫外線は大量に長期間浴び続けると皮膚がんのリスクが高まる光です。紫外線よりもさらに強い周波数が放射線です。放射線は医療用としてレントゲン撮影に使用されることもありますが、使用方法を間違えると命の危険性もある危険な光です。

簡単に表すと、赤外線<可視光線<紫外線<放射線となります。

日常生活に溢れる光・紫外線や可視光線よりも低い周波数の赤外線は、肌への影響が少なく安全な光なのです。医療脱毛で使われるレーザーは、健康上全く問題のない光であると言えます。

医療脱毛は最も安全な脱毛方法

pixta_17573771_m_r

医療脱毛と皮膚がんは関係なく、医療脱毛は赤外線を使う安全な脱毛方法です。

医療脱毛は、数ある脱毛方法の中でも、厚生労働省から認可の下りたマシンを使用し、医療機関で医師の診断の上でおこなわれる唯一の方法であることから、最も安全に脱毛することができます。

医療脱毛は、レーザーによって毛根部分にある毛母組織を破壊して脱毛をおこないます。毛母組織を破壊するだけのエネルギーを使うので、短い期間・回数で脱毛を完了することができます。一度照射を受けた毛母組織は、二度と再生することがないため、“永久脱毛”ができる脱毛方法とも言われています。

医療脱毛では、脱毛前にカウンセリングがあり、レーザー脱毛の仕組みや安全性についての説明もおこなわれます。

何か不安なことがあれば、カウンセリングで聞くことができるので、皮膚がんとの関係性もまだご不安があるようでしたら医師に尋ねてみるとよいでしょう。医学的な観点から、しっかりと否定してもらえると思います。