c7ab02dd34797669a2a6a19fd6db8c7e_m_r

医療脱毛で施術を受けた当日、飲酒・運動は禁止されています。なぜ飲酒・運動は禁止事項になっているのでしょうか。脱毛と飲酒・運動の関係についてご紹介します。

脱毛後の肌は敏感

imasia_13592885_m_r

医療脱毛でレーザー脱毛を受けた後の肌は、とても敏感で傷つきやすいです。

ムダ毛の毛根部分にある毛母組織をレーザー脱毛で破壊してしまう程エネルギーを使うため、肌への負担は計り知れません。医療脱毛クリニックでは、施術後に保湿クリームなどを塗って肌の保護を行いますが、自宅へ帰ってからもアフターケアが大切です。

人によっては肌に赤みが出る場合や、炎症を起こしている場合もある施術当日の肌は特に注意が必要となります。

そのため、医療脱毛クリニックでは脱毛後にやってはいけない禁止事項があります。

飲酒・運動も禁止事項となっているため、食後に晩酌することや、脱毛後にウォーキングやマラソン、スポーツクラブへ通う事は控えてください。

飲酒・運動が禁止である理由

一見飲酒と運動が脱毛と関係あるように思えませんが、なぜ禁止なのでしょうか。

それは飲酒や運動が身体を温める作用があるからです。体温が上昇し、血行を良くしてしまうことから禁止されています。血行が良くなると、脱毛した部分の肌が痒くなり、肌が赤くなる方や、腫れてしまう方もいます。

通常、脱毛をするとその部分が赤くなることがありますが、飲酒・運動をするとさらに悪化してしまいます。皮膚トラブルが起きやすくなるのです。

特に運動をすると汗をかきます。汗が毛穴に入ると菌が繁殖します。脱毛後は毛穴が開いた状態であるので、汗が毛穴に入り込みやすいです。酷くなると毛嚢炎に繋がることもあるので、脱毛後には運動を避けましょう。

imasia_14986497_m_r_r

脱毛効果も落ちてしまう?

脱毛後に飲酒・運動をすると脱毛効果も落ちてしまいます。飲酒や運動は体内の水分量を低下させてしまうからです。

アルコールには利尿作用があり、水分を採っているようですが実際は体内の水分量が低下してしまいます。運動は汗をかくので体内の水分が減ります。

脱毛を行うためには、肌に充分な水分が必要です。脱毛後も体内の水分量が十分でないと肌荒れを起こし、せっかく脱毛を受けても脱毛効果が落ちてしまいます。

脱毛後にはアフターケアとしてクリームなどで保湿が必要ですが、それは肌の水分を保つためです。脱毛後は飲酒や運動を控え、肌の水分量を保ち肌荒れや脱毛効果の低下を防ぎましょう。


何時間したら飲酒・運動ができる?

それでは、脱毛後に飲酒・運動できるのは何時間後なのでしょうか。

一般的に脱毛後に飲酒・運動ができるのは12時間経ってからと言われています。

12時間すると肌の調子が落ち着き、日常生活が送れるようになります。飲酒については肌の水分量を保つために、脱毛前後合わせて2日間は飲酒を控える生活をすると安心です。


汗をかいてしまったら?

飲酒や運動を控えても、暑い夏などは身体の体温が上がり汗をかくことがあります。

汗をかいた場合は、冷たいタオルなどで脱毛部位を冷やすようにしましょう。汗を抑えるために制汗スプレーや制汗シートを使うことは、肌に刺激を与えてしまうので止めてください。

脱毛後の肌は敏感なので、汗を拭いたらこまめに拭き、雑菌が毛菜に入らないように気を付け、清潔に保つようにしましょう。

脱毛後には飲酒・運動を控えなければならない理由がよくわかったと思います。

綺麗な肌を手に入れるための脱毛なので、自分でできること・気を付けることは実行したいものです。2日間ほど我慢すればよいことなので、習慣になっている方は意識して控えるようにしましょう。