imasia_11926082_m_r

多毛症とは、何らかの原因で人よりも濃い毛が生えていることを指します。ただ毛深いだけでなく、個人差とは言えないほどの濃い毛が生えている状態のことです。

具体的に多毛症とはどのような症状なのか、毛が濃いのと多毛症の違いは何か、多毛症では脱毛ができるかをご紹介します。

多毛症の判断は病院で

多毛症は、ただ単に体毛が濃くなったということではありません。一本一本の毛が濃くて太く、自分で処理することができないほどの量である状態のことを指します。

多毛症が疑われる症状

・女性なのに太く長く濃いヒゲがもじゃもじゃと生えている。
・皮膚が見えないほどの毛が全身に生えている
・髪の毛のように太い毛がたくさん生える。
・男性のように声が太く低くなる。

多毛症とは判断されない症状

・濃い口ヒゲが生えている。(カミソリで処理可能)
・男性のようなすね毛が生える。

素人では判断が難しいので、気になる症状がある場合は病院で診察を受ける必要があります。

多毛症の原因

多毛症は、ホルモンの異常や、内臓の異常が原因で発生することがあります。ホルモンの中でも、「男性ホルモン」が過剰に増えると多毛症が発生しやすくなります。

例えば「多嚢胞性卵巣症候群」という卵子が定期的に排出されずに卵巣内に滞ってしまう病気は、卵子が排出されないことで男性ホルモンを活性化させると多毛症を発症させてしまいます。

また、内臓の異常では、内臓の病気に対して使用する副腎皮質ステロイド剤や免疫抑制薬シクロスポリンが多毛症を発症しやすくさせます。ステロイド剤は、薬を肌に塗った部分の毛が特に濃く太くなるという症状も報告されており、多毛症を発生しやすくさせると言われています。

多毛症の治療

多毛症を治療したいと思った際には、どのような行動をとればよいのでしょうか。

pixta_16980087_m_r

最初に、ムダ毛がとても濃く太くなり自分では処置できないほどの毛が生えてしまった方は、すぐに専門医師による診察を受けるようにしましょう。皮膚科ではなく、婦人科や内科を受診して血液検査を受けると原因が分かります。

多嚢胞性卵巣症候群が理由であった場合は、卵巣の治療を受け、ホルモンバランスを改善することができれば多毛症の症状はなくなります。

また、ステロイド剤は、おかしいと思ったら使用することを止めましょう。しばらくすると肌が再生され、生えてくる毛も薄くなっていきます。

多毛症の脱毛

多毛症の方は、ムダ毛がなくなり、肌が綺麗になる「脱毛」を受けると症状が改善すると考える人も多いです。しかし、原因を知らずに脱毛を行うことはできません。なぜなら原因を知らず勝手に脱毛を行うと、病気が悪化することもあるからです。

まず初めに、多毛症の原因を知るために婦人科系や内科などで検査を受けましょう。婦人科系で原因があれば、ホルモン分泌を正常にする治療や薬をもらうことで多毛症を改善できます。医師による診断の上、脱毛が可能であると許可が下りた場合には、レーザー脱毛などで施術を受けることが可能です。

医師が診断し、医療行為として脱毛を行うレーザー脱毛は多毛症の処理にも安心です。ただし、多毛症は濃くて太い毛が大量に生えているので、口周りなど皮膚が薄い部分は、かなりの痛みを伴うことになるので覚悟が必要となります。

健康的に脱毛を受けるためにも、多毛症の原因を突き止め、治療することが大切です。多毛症かな?と思う症状が出た場合には、専門の医師に診断を受け、症状に合った治療を受けるようにしましょう。その上で、脱毛サロンや医療脱毛の施術を受けることが多毛症の早期改善に繋がります。