pixta_21206008_M_R

脱毛は家庭で手軽にできる時代に変化しています。家庭用脱毛器が各家電メーカーから販売され、簡単にセルフで脱毛をできるようになりました。家庭用脱毛器の種類やメリットデメリットをご紹介します。

家庭用脱毛器について

pixta_22004570_M_R

家庭用脱毛器は、家電の人気商品として各メーカーがこぞって販売を行っています。家庭用脱毛器には、家庭用フラッシュ脱毛器と家庭用レーザー脱毛器の2種類があります。

家庭用フラッシュ脱毛器

家庭用フラッシュ脱毛器は、脱毛サロンで行うフラッシュ(光)脱毛を自宅で行うことができる脱毛機器です。

フラッシュ脱毛器は、1度の照射で広範囲を処理することができ、肌に光を照射して脱毛を行うため、肌ダメージが少なく、施術時の痛みが少ないことも特徴です。

また、家庭用フラッシュ脱毛器の中にはIPL光線を採用していたりと、1台で2役、美顔器としても利用できる脱毛器もあります。

家庭用レーザー脱毛器

家庭用レーザー脱毛器は、病院で行われるレーザー脱毛を家庭で行えるように改良した脱毛器です。あくまでも家庭用であり、医療資格のないものが施術を行えるように改良してあるため、病院のレーザー脱毛に比べて脱毛効果は低いです。

しかし、レーザーという光の特徴から、フラッシュ脱毛よりも確実に脱毛することができるというメリットがあります。

ただし、家庭用レーザー脱毛器はフラッシュ脱毛器に比べて照射範囲が狭いため、施術に時間がかかってしまったり、脱毛にムラができてしまうというデメリットがあります。そして痛みが強いということも難点です。

家庭用脱毛器のメリット

pixta_21859347_M_R

家庭用脱毛器のメリットは、いつでもどこでも自由な時間に自由な場所で、施術を行うことができる事です。自ら施術を行うので、脱毛サロンやクリニックへ行く時間を確保する必要がありません。

また、他の人の目を気にすることなく施術を行うことができるというメリットもあります。気になったらすぐに自宅で処理できるという手軽さが人気の理由です。

1台あれば全身の脱毛が可能であるため、料金が安く済むというメリットもあります。家族や友人とシェアすれば、かなり料金はリーズナブルです。

脱毛サロンや医療クリニックは近年の脱毛ブームで人気が急上昇している状態にあります。そのため、施術を受けたくても予約がとりにくく、スムーズに脱毛できないという声を耳にします。

その点、家庭用脱毛器は家庭で出来るので、脱毛を自分のペースで的確に行うことができるので便利です。

家庭用脱毛器のデメリット

36fb2c95693ee71a0da4087c77316713_s_r

家庭用脱毛器のデメリットは、全て自己責任であるため、使い方を間違った場合は、自分で処置する必要がある事です。自分で脱毛を行うので、使用には十分注意しましょう。

また、自分の手が届かない場所は他人にやってもらう必要があります。背中など手が届かない部位や、手が届きにくい部位は、誰かに頼まなくてはなりません。

さらに、脱毛器によってはカートリッジなど、消耗品を定期的に購入する必要があり、費用が嵩む場合があります。特に、家庭用フラッシュ脱毛器はカートリッジが必要となるので、事前にカートリッジの価格やカートリッジのもちの長さを事前に確認しておく必要があります。