e7ed5949f09a2221487d9b40897

小学生でも、ムダ毛の悩みはあるものです。小学生の間にわき毛の自己処理を開始したという方もいらっしゃることでしょう。

6691fcf364ed2d0830209860c5a

小学生でも脱毛可能な脱毛サロンはあります。小学生の皮膚は薄く肌が敏感で繊細なため、肌に優しい脱毛ができるサロンに限りますが、施術可能ですし脱毛効果もあります。

ちなみに医療クリニックのレーザー脱毛は照射能力が高い上に皮膚への負担が大きいため、対象年齢が16歳以上となっている場合が多く、小学生の脱毛は行っていません。

小学生でも通えるおススメのサロンをご紹介します。

Dione(ディオーネ)

ディオーネのハイパースキン脱毛は、肌に優しく負担の少ない脱毛方法であるため、3歳から脱毛することができます。大手脱毛サロンの中で、最年少の脱毛可能年齢です。

なぜ、3歳という低年齢から脱毛することができるのかというと、ハイパースキン脱毛は痛みが無い脱毛を実現しているからです。小学生の子供は、痛みに弱く、脱毛で痛みを感じたら2度と施術をしたくないという状況になります。しかし、ハイパースキン脱毛は痛みがありません。

それは、通常の光脱毛が毛のメラニン色素に反応し、毛の毛根組織にダメージを与えて脱毛するのに比べて、ディオーネのハイパースキン脱毛は休止期の毛の毛根部分に特殊な光を照射して毛の成長を止める・抑毛する脱毛方法であるからです。メラニン色素は黒い毛に多く含まれているので、毛が黒いほどよく反応し、痛みを伴います。ハイパースキン脱毛の場合、メラニン色素は関係なく、毛を再生する力を抑制する脱毛なので痛みが全くないのです。

火傷することはなく、腎割と温かみを感じる程度の照射なので気持ちよくて眠ってしまう子供も多い脱毛です。

エピレ

エピレは、7歳以上の子どもでも脱毛可能です。キッズ脱毛としてプランが用意されています。

エピレのキッズ脱毛では、光脱毛の中でもs.s.c脱毛方式で脱毛しています。s.s.c脱毛方式はビーンズジェルという光に反応するジェルを脱毛部位の塗布し、その上から特殊な光を照射することで脱毛していく方法です。痛みが少なく、肌へのダメージが少ない脱毛ができます。毛根にある毛母組織を破壊したり焼いたりすることなく、光とジェルの相乗効果で光を深く浸透させ、毛の抑毛効果を高めて脱毛するため、痛みがなく脱毛できるのです。

更に、肌内部のコラーゲンにもアプローチすることができるので、肌が再生されお肌のトリートメントも同時にできます。エピレはエステティックサロンTBCがプロデュースし、お客様の意見を生かした脱毛専門サロンです。TBCのエステティックのノウハウを生かした施術をおこなうため、脱毛するほど肌が綺麗になると評判となっています。

脱毛が初めてで負担という小学生のために、19部位の中から2カ所を選んで脱毛できるプランが980円という価格で体験できるので、本格的に脱毛する前に試してみることができます。また、わき脱毛は両わき6回プランが500円という破格のお値段で体験できます。

エステティックTBC


エピレの本家であるエステティックサロンTBCも、7歳から脱毛可能です。TBCではライト脱毛と呼ばれています。肌に優しく、負担をかけずに脱毛できるTBCオリジナルのマシンを使って施術をおこなうため、脱毛時の痛みはなく快適に脱毛することができます。

脱毛マシンは美容ライト脱毛適合機器認証を受けた、安心で安全なマシンを使います。脱毛時に使用するジェルにはコラーゲン・プラセンタ・ヒアルロン酸が配合されたオリジナルの美肌ジェルを使用します。脱毛前後の肌をケアし、美肌力をアップさせる働きがあるジェルです。エピレと同様、TBCも脱毛するほど肌が綺麗になります。

小学生でも通える脱毛サロンをご紹介しました。小学生の場合、親の同意が必要となります。ご家庭でよく話し合ったうえで脱毛を受けるようにしましょう。