pixta_20210987_m

ムダ毛に悩む女性にとって、毛は厄介なモノです。

どうして毛が生えてくるのだろう?最初から生えてこなければ、どんなに楽だろう!と思ったことがある方は多いと思います。

人間の体毛は手のひらや足の裏、唇や指の腹、爪の上、生殖器以外は生えていて、その数は500万本(身体の表面に現れているのは150万~200万本)です。毛が生え理由があるから500万本もの体毛が人間の体を覆っています。毛の役割とは何なのでしょうか。

毛の役割

身体を守る

毛には人間の身体を守る役割があります。サルから進化した当初、衣服を身に付ける習慣がなかった時代にはサルのように身体を長い毛で覆われていました。

日差しや寒さから身体を守り、外部からの衝撃を軟らかくしていました。そして、衣服を着るようになり、体温の調節などを毛で守る必要がなくなると次第に体毛は薄くなっていきます。

しかし今でも髪の毛は紫外線から頭皮を守り、鼻毛は外部からのホコリなどが体内へ入らないように、まつ毛は汗やほこりが目に入らないように、陰毛は生殖器を守るために、ワキ毛は汗を発汗させるというそれぞれの役割があります。

毛は人間の身体を守るために大切なモノ。

感覚機能

毛には、振動などから外部の情報を感じ取ることができる感覚機能が備わっています。

体毛による触覚を利用して外界の情報を得ることができます。人間の進化によりこの感覚機能はずいぶん退化しましたが、現在でも髪の毛は感覚機能が発達している部分です。

髪の毛を触られることでビックっとしたり、誰かが後ろにいることを察知するなど感じたことがある方も多いでしょう。これは感覚機能が発達しているからなのです。

毛には、振動などの情報を感じることができる感覚機能が発達している。

性的対象

体毛は、その人をイメージ付ける性的対象としての役割もあります。男性は胸毛やヒゲが成長と共に濃くなり、その体毛を見ることで男性らしさを感じる事ができます。体毛を見ることで男性か女性かを見分けることができます。

また、髪の毛や体毛の色でどの国・地域の人か見分けることができます。

毛は、その人を表現する性的対象でもある。

毒物の排出

身体に生える毛には、毒物を排出するという重要な役割があります。

水銀などの貴金属が体内へ入り込んでしまった場合、毒物は体毛を伝って外部へ排出されますし、ヒ素や鉛などもともと自然界に存在している毒物は、食事などから体内へ入ってきて、内臓が毒素を処理します。

その配管器管の1つとして体毛が存在していると言われています。薬物を使用した容疑者が、その使用歴を調査するために頭髪検査が実施される事もこの原理に基づいているのです。

毛には毒素を排出する役割も。

現代の環境と毛

毛には人間を守るための様々な役割がありました。体毛は人間の進化と共に薄くなり、その重要性も変化しています。

現代では家屋や衣服、冷暖房の完備がされているので、体毛による温度調節や皮膚を保護するという役目は必要なくなっています。

pixta_21859347_M_R

また、現代において女性が体毛を処理せずに生やしていることは、身だしなみが整っていない、不潔であるという印象を与える原因となっています。

女性は綺麗で美しい存在であってほしいと考える男性は多いので、ムダ毛は必要のない存在になっているのです。

毛の役割が必要なくなった現代では、ムダ毛は邪魔なものでしかありません。男性へ性的アピールをするためにも、今は体毛がない方がよい傾向にあるのです。

そのため女性は、髪の毛やまつ毛、眉毛、鼻毛以外のムダ毛を処理したい・脱毛したいと考えるようになりました。

特に日本人の体毛は黒色なので、ムダ毛が目立つために脱毛願望は強く、ワキに関してはほとんどの女性がムダ毛処理を行っている部位となっています。

現代ではムダ毛のないツルツルの肌こそが、モテる女性の条件