pixta_20594917_M

脱毛をする上で、知っておきたい重要な項目が“毛周期”です。なぜ、脱毛は1度で終了しないのか?という疑問には、この毛周期が関係しています。

脱毛はなぜ1度で終わらないのか?

身体の表面に現れている毛(体毛)は毛全体の1/3程度です。髪の毛をはじめとする身体の毛(体毛)は、生えて、伸び、抜けるというサイクルで生え変わっています。常に新しい毛が身体の表面に生えているというわけです。

脱毛が1度で終了しない理由は、脱毛しても毛の1/3に1度施術をしたというだけで、他の2/3の毛は無傷のまま残っているという点にあります。

1度施術をしてもその毛が抜けてしまえば、再び脱毛前と変わらない毛が生えてきてしまうため、脱毛は毛周期に合わせて数回施術を行わないと、効果が出ないのです。

身体の中で一番成長が早いのは髪の毛です。1日に0.3~04㎜伸びます。反対に一番成長が遅いのが眉毛です。1日に0.18㎜ほど伸びです。毛周期は身体の部位によって生え変わるサイクルが違うので、部位ごとのサイクルに合わせて施術を行うことも大切です。

毛周期について

毛のサイクルである毛周期は、「成長期」「退行期」「休止期」の3つの段階に分けられます。

成長期

毛が一番活発で、健康的に成長している期間です。成長期の中でも成長初期・成長期・成長後期に分けられます。毛母細胞が分裂をはじめて皮膚の下で新しい毛ができるのが成長初期です。その新しい毛が栄養を毛細血管から取り込み、太く成長して伸びていく時期が成長期。成長後期には、毛がぐんぐん伸びていきます。

退行期

毛の細胞分裂停止、毛の成長停止、毛と毛乳頭の結合が緩んで弱くなり、毛が押し上げられる期間を言います。毛が活動することを止めてしまう期間です。

休止期

毛と毛乳頭が離れて、完全に抜け落ちてしまう時期です。毛が自然に抜け落ちます。休止期は、次のサイクルの毛が生えるための準備を期間でもあります。

脱毛に適した時期・生えている方向(毛の流れ)

毛周期の中で、脱毛に適した時期は「成長期」です。成長期の中でも特に成長初期・成長期の期間が脱毛に適しています。毛周期は、部位によって違いますが、おおよそ3~4ヶ月に1度のサイクルで毛は生え変わります。そのため、3~4ヶ月に一度成長期の毛を狙って脱毛をする必要があるのです。

pixta_20810950_M_Rまた、脱毛を行なう上で毛の生えている方向・毛の流れを知ることも大切です。ウデやアシは、毛が一定方向に揃って生えているため、脱毛がしやすいです。一方、ワキやVラインは毛の生え方がバラバラなので、脱毛がするのが難しく、他の部位よりも技術力が必要となります。

毛の流れに逆らって処理をすると、毛穴を無理に広げたり、細菌が入って炎症を起こしたりと肌トラブルを生じる可能性があります。毛の流れをよく知った上で脱毛を行なうことは、肌を綺麗に保つためにも大切なことです。

部位によって違う毛周期

毛周期は部位によって成長が違います。部位ごとの毛周期を知り、最適な時期に脱毛を受けるようにしましょう。

ワキ

1日に0.3㎜成長します。10日で3㎜です。成長期の毛が3割です。毛の周期は長めで、平均で4ヶ月に一度生え変わります。

ウデ・アシ

皮膚の表面に出て毛が抜け落ちるまでの期間が長いのが特徴です。成長期の毛が2割です。ウデ・アシの毛周期は4~5ヶ月となっています。毛の生える方向が一定方向を向いているので脱毛の処理をしやすい部位です。

眉毛は1日で約0.18㎜伸びます。伸びるスピードは遅いけれど、毛が生え変わるスピードは速く毛周期は約2ヶ月です。

V(ビキニ)ライン

一日に0.15~0.2mmほど伸びます。成長期の毛は3割です。成長期は約1年~2年で、休止期は1年~1年半です。毛周期が長いので、脱毛にもそれだけ時間がかかります。毛が密集して濃い部位であることから、毛周期が長くても3ヶ月に1度脱毛を行ないます。