9ec6f6476bf01c0fdb9f804cb7ca464c_m_r

毛抜きでのムダ毛の処理は、カミソリと同じく簡単に自己処理できる方法として多くの方が実践しています。ワキの処理は毛抜きで毎日ムダ毛を引き抜いているという方も多いのではないでしょうか。

実は毛抜きでの自己処理は、ムダ毛処理の中でも一番お勧めできない方法だと言われています。毛抜きの自己処理のデメリットや、毛抜きを使うときに気を付けた方がよい事をご紹介します。

毛抜きでの自己処理のデメリット

c7ab02dd34797669a2a6a19fd6db8c7e_m_r

毛抜きは手軽にムダ毛を処理できる事や、カミソリで処理するより持ちが良い点から多くの方が行う自己処理方法です。しかし、毛抜きにはデメリットがたくさんあります。毛抜きを使うとどのようなトラブルを生じることになるのでしょうか。

埋没毛を作りやすくなる

毛抜きで処理を行っていくと、肌に黒いポツポツができてしまったことがあると思います。毛抜きでムダ毛を引き抜く際に途中で切れ、毛穴にかさぶたなどができて皮膚が塞がれ、皮膚の中にムダ毛が埋まってしまうという現象です。毛抜きは埋没毛を作りやすくしてしまいます


肌が鳥肌のようになる

毛抜を使うと無理に毛穴や肌を引っ張るので、毛穴が目立って鳥肌のような状態になります。また引っ張ることで皮膚がたるんでしまう事もあります。特にまぶたは皮膚が薄く引っ張るとたるみやすいので注意が必要です。


色素沈着や肌に炎症を起こす

毛抜きを使い毛穴や皮膚を傷つけた状態で何度も処理を行い、処理部分に紫外線を浴びると色素沈着を引き起こしてしまいます。また、毛穴周辺を傷つけて雑菌が入ると炎症を起こすことがあります。


毛周期を乱す

光脱毛や医療クリニックでの脱毛を受けようと思っている方は、毛抜きでのムダ毛処理はやらないようにしてください。毛抜きは毛を毛根から無理やり引き抜くため、毛周期を乱してしまいます。毛周期が乱れ、毛がバラバラに生えてきて状態で脱毛をしても脱毛効果が出にくいのです。脱毛を受けたいと思っている方は、ムダ毛の自己処理は毛抜きを止め、カミソリや電気シェーバーを使うようにしましょう。

それでも毛抜きで自己処理したい場合

bd589e98f7fa2338d400779d8c851d74_m_r

毛抜きで自己処理をした際のデメリットをご紹介しましたが、それでも毛抜きを使って処理をしたいと思われる方は、気を付けるべきポイントを守って自己処理を行うようにしましょう。

毛穴が開いた状態

毛抜きを使う際には、毛穴が開いた状態になるとキレイに痛みも少なくムダ毛を抜くことができます。毛穴を開いた状態にさせるためには、温かい蒸しタオルを使うかい脱毛部位を温めるか、お風呂に入ることが有効です。蒸しタオルやお風呂で毛穴を十分に開き、毛抜きを使いうと肌トラブルが少なくなります。


毛の生えている方向に引き抜く

毛をキレイに引き抜くためには、毛の生えている方向を見て、毛の流れに逆らわないようにして引き抜きます。こうすると肌への負担が軽減され、痛みも少なくて済みます。


抜いた部分を冷やして毛穴を締める

毛抜きで処理をした後は、毛穴が開いた状態になります。冷水に付けたコットンやタオル、氷嚢などを患部に当てて冷却すると毛穴が引き締まります


アフターケアを行う

毛抜きでムダ毛処理をした場合は、患部を冷却した後、保湿液や乳液でたっぷりと保湿を行います。ムダ毛の処理後は肌がダメージを受けている状態です。保湿を行うことで肌に潤いとハリを取り戻し、埋没毛や炎症を防ぐこともできます。肌を清潔に保ち、細菌が毛穴から入らないように、しっかりとアフターケアを行いましょう。

毛抜きにはデメリットが多いですが、どうしても使用したいという場合は毛抜きの使い方を理解した上で使うようにしましょう。肌への負担がかからない方法を身に付けると、未然に肌トラブルを防ぐことができます。