c450d01347c958d6008963e9b48d044b_s_r

脱毛が一般的となり、多くの女性が脱毛を受けるようになった昨今では、脱毛=永久脱毛という考え方が定着していると思います。

しかし、脱毛は方法によって永久脱毛と一時的な脱毛(減耗)に分かれます。脱毛をしても、必ず永久脱毛するとは限らないのです。永久脱毛と一時的な脱毛の違いについてご紹介します。

永久脱毛と一時的な脱毛

ムダ毛を単に引っ張って抜いただけでは、永久脱毛にはなりません。それは、毛を再生する組織である毛乳頭や毛母組織が、抜いただけでは破壊されることなく残ってしまうからです。

永久脱毛とは、毛を作る組織の毛乳頭や毛母組織を、破壊することによって毛が完全に生えないようにする脱毛方法です。せっかく脱毛をするなら、二度と毛が生えてこないようにしたいと考える方は、永久脱毛を受けるよと良いでしょう。

永久脱毛をするためには

永久脱毛ができるのは、医療クリニックで行われる医療(レーザー)脱毛です。医療クリニックでは、医療マシンによってレーザーを照射し、毛の毛乳頭や毛母組織を破壊します。毛を作る組織を根こそぎ破壊することで永久脱毛を可能としているのです。

pixta_17573771_m_r

毛を作る細胞を破壊する行為は、医療機関でのみ行ってよいということを法律で定められています。そのため、医療クリニックでは毛を作る細胞を破壊して永久脱毛をすることができるのです。

もちろん医師がカウンセリングを行い、施術も国家資格を持つ医療従事者が行います。万が一のトラブルの際も、医師による診察をすぐに受けることができるので安心です。

しかし、永久脱毛はレーザーの光のエネルギーが強いため、脱毛時(照射時)の痛みがとても強いです。色が黒ければ黒いほどメラニンに反応するため、毛が濃くて毛深い方やVラインや顔・うなじなどのデリケートゾーンは痛みを感じやすいので、痛みを耐えることができず、脱毛を途中で断念してしまう方もいるほどです。

医療クリニックのレーザー脱毛は、永久脱毛できる脱毛方法として注目されていますが、脱毛時の痛みの軽減が課題となる脱毛方法と言えます。

一時的な脱毛とは

一時的な脱毛方法とは、毛抜きや脱毛テープ、脱毛ワックス、脱毛サロンでの脱毛を指します。

pixta_6654954_m_r

それぞれの方法で脱毛を行っても、毛を作る毛乳頭や毛母組織を破壊することができないので、ムダ毛を永久脱毛することはできません。ただし、毛を毛根からキレイに引き抜くことができるため、カミソリなどで毛を剃る場合よりもムダ毛のない綺麗な状態を保つことができます。

中でも、脱毛サロンで行う脱毛は効果が持続し、毛が再生しない場合もあります。それは、脱毛サロンで行う光(フラッシュ)脱毛が、毛の毛乳頭や毛母組織にダメージを与え、弱らせるという作用があるためです。弱らせることによって毛根から脱毛することができ、毛抜きなどで行う脱毛よりも効果が持続し、脱毛後の肌も綺麗に保つことができるという訳です。

また、脱毛サロンで行う脱毛は痛みが少なく、脱毛を快適に行うことができます。光脱毛は照射能力が弱く、優しい光なのでほとんど痛みを感じないのです。そのため、デリケートゾーンの脱毛にも適しています。料金もリーズナブルに設定されているため、学生の方でも気軽に施術を受けることができるでしょう。

ただし、前述したように脱毛効果は永久に続くものではなく、毛が再生することもあります。そして、施術は医療資格のないエステティシャンが行い、万が一の際には提携医療機関を紹介されるなど安全面で医療クリニックに比べて不安が残ります。

脱毛効果や施術費用、脱毛時の痛みなどを比べて、医療クリニックでの永久脱毛か脱毛エステでの一時的な脱毛か選ぶようにしましょう。