imasia_14986497_m_r_r

永久脱毛=ムダ毛が全く生えていない状態だと思っている方は多いと思います。

しかし、永久脱毛を受けると一生ムダ毛が生えてこない、ということではありません。人間の身体で一本もムダ毛が生えてこない状態にすることは不可能なのです。

それでは、永久脱毛の定義とはいったい何なのでしょうか。

AEAでの永久脱毛の定義

c450d01347c958d6008963e9b48d044b_s_r

日本では永久脱毛の定義とはっきりと表明されているものはなく、アメリカのAEA(米国電気脱毛協会)で発表された永久脱毛の定義を流用しています。

AEAの永久脱毛の定義とは、「最終脱毛の1か月後の毛の再生率が20%以下である脱毛法」が永久脱毛であるとしています。ムダ毛が永続的に減少するもので、永久的に除去するものではないと定義されているのです。

毛が再生しても、20%以下に抑えられている状態を永久脱毛というわけですから、思っているよりもムダ毛が生えてきた状態でも永久脱毛と言えてしまうのです。

ムダ毛がゼロという状態を維持することは今の技術では不可能であるため、ムダ毛がゼロに近いレベルまで(目立たないレベル)減少させ、その状態を継続させるのが永久脱毛ということなのです。

脱毛サロンと医療クリニックの永久脱毛の定義

pixta_22004570_M_R

脱毛が終了して1か月後に再生率が20%以下であれば“永久脱毛“であると定義されていることから、脱毛サロンの光脱毛も、医療クリニックのレーザー脱毛も“永久脱毛”をおこなっていると宣伝している理由に繋がります。

ムダ毛の再生率が高いのは脱毛サロンの光脱毛で、人によっては数年後にムダ毛が再生してしまうことがあります。これは、光脱毛の方がレーザー脱毛よりもエネルギー量が少なく、照射能力が低いため脱毛効果に差が出てしまうことが原因です。

一方レーザー脱毛は毛母組織や毛乳頭をレーザーで破壊してしまうことで脱毛しているので、しっかりと脱毛することができます。そのため、ムダ毛が再生する確率は脱毛サロンの方が高く、脱毛サロンは永久脱毛ではないと言われることがあります。

しかし、永久脱毛の定義から判断すると、1か月後に20%ムダ毛が再生していなければ永久脱毛と言えるので、脱毛サロンの脱毛も永久脱毛と宣伝されているのです。

永久脱毛の定義と光脱毛・レーザー脱毛の仕組みを知っていれば、脱毛効果の違いがあるのにどちらも“永久脱毛”と宣伝している意味を理解できます。

永久脱毛で100%ムダ毛がなくなることはない

imasia_13592885_m_r

今現在の永久脱毛の技術では、100%ムダ毛がなくなる施術はおこなえません。技術的に不可能です。

しかし、100%に近い仕上がりに近づけるよう日々マシンの改良がおこなわれています。日本にレーザー脱毛が入ってきて若い世代を中心に脱毛が流行り出した1980~1990年代のマシンに比べたら、脱毛効果は格段と高くなっていますし、脱毛時の痛みや肌トラブルは年々減少しています。

光脱毛は、肌に優しくほぼ無痛の痛みのない脱毛をおこなっていますし、レーザー脱毛は、医療機関が医師の診断の下、医療行為として脱毛をおこない安心で安全な施術を可能としています。これから脱毛を受ける方は、100%ムダ毛がなくなるわけでないということを理解した上で施術を受けましょう。

脱毛サロンや医療クリニックでは、万が一ムダ毛が再生してしまった時に、再照射ができるサービスをおこなっているお店もあります。ムダ毛の再生が気になる方は、再照射をおこなってくれる脱毛サロンや医療クリニックで施術を受けるようにしましょう。