8e59eb4aa29ce1b551b409bed04

アトピーについて

imasia_11926082_m_r

アトピーは、アレルギーを起こしやすい体質で皮膚のバリア機能が弱く、少しの刺激でも炎症を起こしやすい皮膚の病気です。

湿疹や痒みの症状が特徴で、体調によって治ったように感じる日があったり再発したりを繰り返すため、なかなか完治しづらい病気でもあります。乳幼児では2か月以上、大人では6か月以上症状が続きます。

原因は子供の場合、食物アレルギーが関連していると考えられています。卵の白身、乳製品、大豆などのタンパク質、小麦、そばなどアレルゲンとなる物質にアレルギー反応を起こす場合、アトピー性皮膚炎になりやすいです。

大人では、環境が原因になっている場合が多く、家の中のダニ、ハウスダスト、花粉、ペットなどに対するアレルギーがある場合にアトピー性皮膚炎になりやすいです。

それ以外には、生まれつき乾燥肌、ストレス、不摂生、睡眠不足などが引き金となる場合もあります。また、家族歴なども関係しますので、家族にアトピーの人がいる場合確率は上がります。

気管支炎、アレルギー性鼻炎、結膜炎などを過去に起こしたことがある場合にもアトピーになりやすいので、既往症も一つの判断基準となります。

アトピーに適した脱毛方法

pixta_23010650_m_r

アトピー性皮膚炎は自覚していて、皮膚科に通っている方が多くいらっしゃると思います。脱毛を考えたら、現在の肌状態を主治医に相談するのがベストです。最近では皮膚科で医療脱毛を行っているところも増えていますので、かかりつけの病院で脱毛できるなら安心です。

脱毛サロンを選びたい場合には、サロンに皮膚の状態を相談してみてください。ひっかき傷が多くジュクジュクしている場合やステロイド剤を塗っている時期には、施術を断られる場合もあります。

光脱毛は肌に負担も少なく安心して受けられるものも多いのですが、皮膚状態が良くないときには皮膚が光に過剰反応して赤みや痒みが増してしまいます。特にステロイド剤は光に強く反応してしまう場合もありますので注意が必要です。脱毛サロンでの脱毛を選ぶ場合には提携の医療機関があるサロンを選ぶようにしましょう。

ちなみに、自己処理では皮膚に傷がついてしまい、悪化しやすくなってしまいますのでオススメしません。

脱毛サロンにするか、医療脱毛にするかも悩みどころですが、アトピー性皮膚炎の場合にはムダ毛の自己処理は極力控え、プロの手によって脱毛してもらった方がいいでしょう

脱毛後のケア方法

560909600ebd13c78e02bbb8a9bdb713_m_r

もともと非常に乾燥している状態な上に、脱毛では熱エネルギーが発生して皮膚が一気に乾燥しますので、何より保湿を徹底して行うようにしましょう。

初めて使うものにはアレルギー反応を起こす恐れがありますので、普段使用している保湿剤を念入りに塗ってください。

お顔のお手入れと同じように、ローション、ジェル、クリームを重ね付けすると保湿効果が高まるのでおすすめです。

全身に入念なお手入れをするのは少し大変ですが、保湿によってアトピーの症状も軽減しますのでしっかり行いましょう。赤みや痒みがある場合には、清潔なタオルを水道水で濡らした冷タオルが安心です。

冷やし過ぎの心配もなく広範囲を冷やすことができるからです。しかし、アトピーの場合には赤みや痒みが悪化してしまう恐れもありますので、ひどくなりそうな場合にはかゆみ止めを処方してもらえるか医師に相談してみましょう。