ff272b4ac745a25414419db7a0ec6870_m_r

乾燥肌について

imasia_11926082_m_r

健康な肌は、汗と皮脂が皮膚表面に分泌されると、それらが混ざり合って、皮脂膜という皮膚を保護する天然のクリームを形成します。これによって外部からの刺激や内部の水分などが外へ逃げないように防ぐ働きをしています。

角質層の中にはアミノ酸が主成分の天然保湿因子(NMF)、角質層の間にはセラミドが主成分の角質細胞間脂質が存在します。この2つによってレンガ塀のようにブロックされ、健康でみずみずしい肌が保たれているのです。

しかし乾燥肌の場合は、油分水分ともに不足しており、皮脂腺の働きが活発ではなく、角質層のバリアも弱くなり、水分不足になりやすい状態です。

乾燥肌になると、皮膚はもろくなってしまいますので、少しの刺激にも弱く赤みや痒みが出てきてしまいます。ひどい場合には白く粉をふいたようになり、見た目にもよくありませんし、乾燥しているとシワが生じやすくメイクもきれいにのりません

皮脂や水分が多い肌は光を反射させますので、つやがあり若々しい印象ですが、乾燥肌は逆に老けて見えやすくなります。特に冬になりと気温や湿度がさがり、さらに乾燥が進む季節です。乾燥による湿疹や皮膚炎も起こりやすくなりますので注意が必要です。

乾燥肌に適した脱毛法

pixta_23010650_m_r

乾燥肌の脱毛方法はどの脱毛方法でも特に問題はありません。

脱毛サロンでの光脱毛なら、脱毛の前にジェルを塗布して脱毛していきますので保湿効果もあり安心です。医療レーザーの場合には、乾燥がひどい場合には多少痛みを感じやすくなることもありますが、脱毛前後で保湿を十分に行うことで解消されます。また、麻酔クリームを使うことも可能ですので安心です。

しかし、乾燥肌がひどく皮膚科に通院をしている場合には、主治医にどの脱毛法が安心か確認をしてみましょう。皮膚科で医療レーザー脱毛を行っているところも増えていますので、先生が同じなら安心して脱毛が可能です。

自己処理で皮膚に傷をつけてしまい、極度の乾燥を引き起こすよりはプロによる脱毛の方が、お肌のダメージも軽減することができます。

乾燥肌の脱毛後のケア

bd589e98f7fa2338d400779d8c851d74_m_r

脱毛後の肌には熱がこもり、一気に乾燥しやすくなります。赤みや痒みがある場合には冷タオルでの冷却を行いましょう。

そして、乾燥肌の方に重要なのは保湿です。脱毛後には鎮静効果のあるローション、ジェル、クリームを塗布し、しっかりと保湿を行いましょう。お顔のお手入れ同様に、ローションとクリームを塗った方が水分の蒸発を抑えることができるので効果的です。

お風呂上りすぐに保湿のお手入れをし、バリア機能を高めるようにケアしてください。極度に乾燥がある場合には、週に数回の保湿パックを行いさらに徹底した保湿を行いましょう。