pixta_22040954_M_R

脱毛エステや医療クリニックで脱毛を行なったら、体臭が酷くなった、気になるようになったという相談や悩みを抱える女性が増えているという声を耳にします。本当に脱毛をすると体臭がきつくなるのでしょうか。

通常脱毛を行なうと体臭はなくなる

通常は、脱毛エステや医療クリニックで脱毛を行なうと体臭が少なくなると考えられています。それは、臭いの原因である雑菌が脱毛を行なうことで少なくなるからです。

臭いの原因である雑菌は、毛穴の周辺・開口部の毛根部に多く繁殖する傾向があります。アポクリン腺と呼ばれる汗腺から分泌される皮脂やたんぱく質をエサにして雑菌は毛根付近に付着しています。脱毛を行なって毛根から毛をなくすと、雑菌が付着しにくくなり体臭が減るのです。脱毛エステや医療クリニックで脱毛を行なって、体臭が無くなった、ワキガが治ったという話を聞くのは、雑菌が減ったことによります。

また、脱毛をすると毛がなくなるので、毛穴の周りについた汗などの付着物をこまめにふき取ることが可能になります。ムダ毛があることでふき難かった部分も、サッと処置できるのでいつでも清潔な状態を保つことができ衛生的です。

脱毛後に体臭を感じる原因

通常、脱毛を行なうと体臭が少なくなるはずですが、それでも脱毛後に体臭を感じるという場合は、最初に考えられるのは「毛穴が炎症を起こしている」ということです。

脱毛をすると毛穴がぽっかりと空いてしまうため、侵入できなかった部分に雑菌が入り込みやすくなります。皮脂や垢が溜まって、きちんと洗って清潔にしておかないと酸化して匂いを放つようになります。

毛穴に皮脂が溜まって白くなっていたり、炎症を起こして赤くなっていたりした場合は、自己判断せず皮膚科を受診しましょう。早めの処置で肌のトラブルや大衆の発生を未然に防ぐことができます。

もう一つの原因としては「汗の量が増えた」ということがあります。脱毛によって汗腺が刺激され、アポクリン腺からの汗の分泌が増えたということです。脱毛エステや医療クリニックで施術を受けた後に多汗症になる人はとても多く、汗が増えることで体臭が増えたように感じるのです。

その他、精神的なことから体臭を発するようになる「精神的な要因による発汗」が作用すると考えられています。今まで脱毛をする前は気にならなかった部位が、脱毛することで意識をするようになり常に意識し続けることで発汗が起こりやすくなるという現象です。一時的に多量の汗をかいたりするので、汗の濃度が高く臭いを放ちやすい成分が含まれています。そのため体臭を敏感に感じるようになるのです。

脱毛後の体臭を防ぐためには

脱毛後の体臭を防ぐためには、まず患部(脱毛部位)を清潔に保つということです。汗をかいたり汚れた場合は、すぐに拭いたり洗ったりして汚れを落とすように心がけましょう。皮脂汚れを溜めないように心がけ、万が一肌の異常やトラブルを感じた場合は即座に皮膚科を受診しましょう。

汗を大量にかくようになってしまった場合は、皮膚や科美容外科で「ボトックス」治療を受けるとよいでしょう。ボトックスは減汗効果があります。この効果が続く期間は半年です。

半年後には効果がなくなってしまいますが、「精神的な要因による発汗」が起こっている方は、半年間のボトックス効果で汗が減るという安心を自ら体験して不安がなくなり、自然に汗をかかなくなっていきます。ボトックス治療は一時的な用法ではありますが、精神的な要因による発汗に悩んでる方にしては、永続的な処置に繋がることもあるのです。

ボトックス注射を受けて、経過観察をすることで解消する場合が多いので、気になる場合は病院に相談してください。