pixta_20210987_m

脱毛後の口コミでよく見かけるのが、「汗をかきやすくなった」という事です。果たして、脱毛をすると多汗症になるのでしょうか。

脱毛後の汗

pixta_20210987_M_R

脱毛後に汗をかきやすくなったと感じやすい部位はワキです。そもそも、ワキ汗は肌の表面と共にワキ毛に付着して乾燥しており、汗の吸収や乾燥を手伝ってくれるのがワキ毛なのです。

このワキ毛を脱毛すると、汗が直接肌に付着するようになります。毛に付着していた分も肌に付着するので、不快感が増し、汗を大量にかいたように感じます。

そして乾燥しにくいので、汗がベタベタと肌に付着していている状態が続き、汗をかいたように感じます

脱毛をすると汗をかきやすくなったと感じるのは、これが原因です。脱毛しても毛穴の量や汗の量に変わりがありませんので、多汗症になるということはありません。ワキ以外の部位は、汗をかいたと自覚しにくいため脱毛後の汗について気になることはなしでしょう。

ただし、VIOラインの脱毛を行うと、ムダ毛がなくなったことで蒸れることがなくなるというメリットがあります。ムダ毛があると汗や尿が付着したままになるため、蒸れやすく、不快な臭いを発しやすくなります。ムダ毛がなくなると部位を清潔に保てるため、蒸れがなくなり臭いも少なくなるのです。

脱毛後の汗対策

脱毛を行うと汗は増えませんが、肌に付着したまま残るので蒸発しにくくなります。そのため、脱毛後の汗対策が必要です。

特にワキ汗の原因であるアポクリン汗腺からの汗は、そのままにしておくと汗に含まれるたんぱく質や脂質、鉄分が臭いを発し、菌が発生してワキガの原因となります。脱毛後の汗は、汗をかいた後のケアが大切です。

汗は肌に付着させたままにせず、ふき取るなどして清潔に保つようにします。そして臭いに対する対策を行います。この2点を徹底すると、脱毛後も清潔で美しい肌を保つことができます。

汗の付着を防ぐには

pixta_21859347_M_R

汗の付着を防ぐためには、こまめに部位を拭うという方法があります。

タオルなどで拭うだけでも十分ですが、殺菌作用がある汗ふきシートを使うとさらに効果が高くなります。ドラッグストアなどで様々な汗ふきシートがあるので自分に合ったものを探しましょう。

また、衣服に汗が付着することを防ぐために汗ワキパットを利用します。パットが汗を吸収し、服へ汗ジミが付くことを防いでくれますし、パットが汗で汚れたら新しいものに付け替えればよいのでとても便利です。

そして、近年は汗吸収効果のあるインナーが販売されているので、ワキの部分が厚手になり汗を吸収し、臭いも防いでくれます。機能性インナーは汗を吸いこんでも素早く乾燥するのでとても便利です。

汗が付着しても肌に残らない・洋服に付着しないように気を付けることが大切です。

臭いに対する対策

766fb717798e33580735018e3b32ac57_m_r

ワキ汗の臭いに対する対策としては、汗をかいたらすぐに拭きとることです。汗を長時間放置すると臭いを放つので、汗をかいたらタオルや汗ふきシートで素早くふき取りましょう。

また、制汗剤を使うという方法もあります。スプレータイプからスティックタイプ、クリームタイプなど様々な制汗剤が販売されています。

脱毛後は肌が敏感になっているので、肌が弱い方は様子を見ながら使用するなどして肌のトラブルを防ぐように気を付けましょう。

肌に付着した汗を拭いて、制汗剤を使用すると不快な臭いを防ぐこともできますし、肌をキレイな状態に保つこともできます。

脱毛すると汗をかきやすくなるという点については、根拠がないことがわかりました。ただし汗が蒸発しにくくなるため、汗の付着を防ぎ、臭い対策を行うことが大切です。脱毛後は脱毛部位を清潔に保つように心がけましょう。