a2811f4d2ce262584eec501f06b

脂性肌について

8e59eb4aa29ce1b551b409bed04

脂性肌とは、顔のTゾーンの皮脂が過剰な状態で、別名はオイリー肌ともいいます。

皮脂は毛穴の中の皮脂腺という場所で作られ、毛を伝って毛穴から分泌される油分の多い分泌液です。通常この皮脂と汗の量のバランスが良ければ混ざり合って皮脂膜となり、角質層の上を保護しています。

しかし、脂性肌は皮脂が多く分泌され過ぎている状態のため皮膚表面はアルカリ性に傾き、軟らかくなり外部刺激を受けやすい状態となります。

脂性肌になる要因には、様々なものがあります。男性の方が皮脂分泌が多く、女性では20代がピーク、男性では20~40代がピークとなります。ホルモンは、女性は黄体ホルモンが増える排卵日以降で皮脂が増えますし、男性ホルモンが皮脂を増加させます。

食事では糖質・脂質の多い食事をとると皮脂量が増加しますので、ファストフードやお菓子などの食べ過ぎには注意が必要です。皮脂分泌の調整には豚肉やウナギなどに多く含まれる、ビタミンB群の摂取が有効ですので、皮脂が多くてお悩みの方は食事を見直したほうがいいでしょう。

脂性肌に適した脱毛法

7ef731771237cdfa19f5b76b6dc70ef4_m_r

脂性肌は皮脂が多いだけなので、どの脱毛方法でも大丈夫です。むしろ脱毛で毛が無くなると、皮脂への栄養供給が少なくなり、皮脂量が減って落ち着くというケースもあります。

特に皮脂分泌が気になるのは顔だと思いますが、皮脂量や毛穴の開きを気にしている場合には、両方落ち着く可能性がありますのでぜひ顔脱毛をした方がいいでしょう

自己処理で毛を剃ると皮膚が削られた分を補おうとして余計な皮脂が出てしまいますし、毛穴の中に残った毛のせいで毛穴の開きも目立ってしまいますのでオススメしません。

また、美容電気脱毛やワックス脱毛による顔脱毛の場合には、皮脂が多いと脱毛後毛嚢炎を引き起こす可能性があります。美容電気脱毛ではニードルを毛穴に挿入して、水分を利用して毛穴の奥から熱を作ります。皮膚表面に水分や皮脂が過剰だと、本当は作用させたくない皮膚表面近くにまで熱が発生しやすくなり危険です。

脱毛前にはしっかり汗を拭きとってから脱毛を開始し、脱毛後には清潔にして、汗をかくようなスポーツをしないことが大切です。美容電気脱毛の場合には、どちらかというと乾燥肌の人よりも注意が必要です。

脂性肌の脱毛後のケア

1aa9c7f4982545bb631f544fe4df1a21_m_r

脱毛後のホームケアでは、汗をかいたり温めたりしないように十分注意をしてください。赤みや痒みが出た際には冷タオルで冷やし、特に顔の脱毛の後には冷却と保湿をしっかり行いましょう。

脂性肌の場合、保湿を怠る人が多く、皮脂を摂り過ぎてしまう場合があります。脂取り紙などで皮脂を取るときには一緒に水分も奪われて乾燥しているケースもありますので、水溶性のローションやジェルでしっかり保湿ケアを行いましょう。