6691fcf364ed2d0830209860c5a

「カウンセリグで断りきれず、高額な契約を結んだけれど解約したい」、「脱毛を始めたけれど、効果が見られないので契約解除したい」という場合、脱毛の契約解除やクーリングオフはどのようになっているのでしょうか。

脱毛サロンと医療クリニックでは対応が異なっているので注意が必要なのです。今回は、脱毛の契約解除とクーリングオフについてご紹介します。

クーリングオフ制度とは

クーリングオフ制度とは、無理な勧誘から消費者を守ってくれる制度です。消費者が違約金などの請求を受けることなく、一方的な意思表示のみで契約申し込みの撤回・解除ができます。

クーリングオフを申し込むためには、定められた期間内に書面で行う必要があり、脱毛の場合は契約書が交付されてから8日以内です。費用をクレジット払いしている場合は、クレジット会社へも書面を送付する必要があります。

脱毛サロンの場合

pixta_23010650_M_R

脱毛サロンの脱毛の契約はクーリングオフ制度が適用されます。クーリングオフ制度の中の、「特定継続的役務提供」と呼ばれる分野が適用され、契約書面受領日から8日間がクーリングオフ期間となっています。

脱毛サロンで脱毛がクーリングオフの適用を受けるには条件があり、「脱毛の契約期間が1か月以上」、「契約書を受領して8日間以内」、「契約金が5万円以上」という、3点の条件がそろった脱毛契約にのみ適用され契約金が返金されます。

しかし、例えば脱毛サロンのキャンペーンでよくみられる、ワキ脱毛を数100円で施術することができる契約は、クーリングオフの適用外となります。

契約期間中に契約を解除する中途解約(契約解除)についても、脱毛サロンはほぼすべてのお店が対応しています。

中途解約の場合も、解約の書面を取り交わします。コース契約などで一括支払いされている場合は、残金を計算のうえ返金されることになります。脱毛サロンの中には、「全額返金保証」制度を制定しているお店もあり、その場合は全額返金されますね。

その他、解約時には解約手数料がかかる場合が多く、上限は2万円までと法律で定められています。

また、中途解約の場合も適用を受けるための条件があり、「契約金額が5万円以上」、「契約期間が1か月以上経過している」、「という2点の条件に合致した場合、中途解約の手続きをうけることができます。

医療クリニックの場合

c7ab02dd34797669a2a6a19fd6db8c7e_m_r

医療クリニックは、クーリングオフ制度が適用されません

医療クリニックでの脱毛は医療行為とみなされるため、特定商取引法に基づくクーリングオフの規定が適用されないのです。

中途解約については、契約書の中で定めているクリニックであれば契約解除することができます。

また、返金保証がある医療クリニックでは、定められた額の返金があります。脱毛サロンと同じように、解約時に解約手数料がかかる場合もあります。

気を付けるべきこと

76274d5c9b3e52eedee37999d42

脱毛サロンはクーリングオフと中途解約(契約解除)の適用が受けられ、医療クリニックは契約書に記載された場合のみ中途解約が認められています。

返金の有無、返金額の計算方法など各お店によって違うので、契約時によく確認する必要があります。中には中途解約時の返金に全く応じない悪質なお店もあるので、要注意です。

脱毛サロンでの脱毛契約の場合は、クーリングオフ制度が適用されているため、自宅へ戻って冷静になって考え直した後、契約を破棄することができますが、医療クリニックでは一切認められないため、契約の際には脱毛方法から料金の支払いまで納得した上で手続きを進めることが大切です。

以上のように、特に医療クリニックでは一度契約を結ぶと、解除するために費用も労力も必要となってしまいます。

契約を結ぶ前に契約書をきちんと読み、信頼できる脱毛サロンや医療クリニックと契約をおこなうようにしましょう。