36fb2c95693ee71a0da4087c77316713_s_r

「脱毛は痛い」というイメージが定着していて、痛みが怖いから脱毛できないという方も多いと思います。本当に脱毛は痛いのか、痛みはどの程度のものなのか、脱毛と痛みの関係についてご紹介します。

脱毛の痛みとは

脱毛は、光脱毛やレーザー脱毛では光のエネルギーを利用し、特殊な光やレーザーを毛乳頭や毛母組織等の発毛因子を弱らせ、破壊することで脱毛を行っていきます。

光やレーザーは、黒い色のメラニン組織に反応するため、黒くて太い毛によく反応します。脱毛時の痛みというのは、施術時に光やレーザーを脱毛部位に当てた際に感じる痛みのことです。

もう一つの脱毛方法であるニードル脱毛は、針を毛穴から毛根に指して電流を流し脱毛します。針を毛穴に刺すときの痛みと、電流を流す際に痛みを感じます。

脱毛の痛みの感じ方は個人差があり、必ずしも痛いと感じるということではありません。肌が弱く敏感肌の方や、メラニン組織を多く含む色黒の肌(日焼けした肌)の方が特に痛みを感じやすいです。

脱毛方法での痛みの違い

脱毛方法によって脱毛の痛みは大きく違います。

光脱毛(脱毛エステ)

脱毛エステで行われる光(フラッシュ)脱毛の脱毛時の痛みは、輪ゴムでぱちんと弾いた程度の痛みで、人によっては全く痛みを感じることがない脱毛方法です。

それは、マシンによる光の出力が他の脱毛方法に比べて弱いこと、発毛因子を破壊するのではなく、抑制することによって脱毛するという方法が痛みを伴わないためです。

レーザー脱毛(クリニック)

クリニックで行われるレーザー脱毛は、脱毛エステで行われる脱毛よりも痛みが強くなります。それは、レーザー脱毛の出力の強さが原因となっています。

発毛因子を破壊して脱毛することができるので、その分脱毛効果は高いです。近年マシンが改良されレーザー脱毛の中でも痛みの少ないダイオードレーザーが開発され、多くのクリニックで使用されるようになりました。従来のレーザー脱毛よりも痛みが少ないので、痛みを感じやすい部位の脱毛も可能にしています。

ニードル脱毛(エステ)

エステサロンなどで行われるニードル脱毛は、一番痛みを感じやすい脱毛方法です。針を毛穴に刺し、針に電流を流して発毛因子を破壊するため脱毛効果は高いですが、その分痛みを伴います。

部位での痛みの違い

痛みを感じやすい部位

脱毛部位の中には、脱毛時の痛みを感じやすい部位があります。それは、ワキとVIOライン、ヒザ下の部分です。この部位は、毛が密集して、太くて濃い部分であり、メラニンに反応して光やレーザーを多く吸収するため、痛みを感じます。

VIOラインはデリケートゾーンであり、毛が濃くて密集しているため痛みを感じやすいです。Vラインの下の方からIラインにかける部分が特に痛みを伴います。

また、膝下の部分は皮下脂肪が少なく皮膚の下にすぐ骨があるため、特に痛みを感じやすくなります。痛みはありますが、しっかりとメラニン組織に反応して光やレーザーを吸収するので脱毛効果も高く、毛が抜けたことをよく実感できる部位でもあります。

また、顔周りの脱毛も痛みを感じる方が多い部位です。おでこや眉・口周りやもみあげの部分は特に痛みを感じます。顔の下にはすぐ骨があることや身体に比べて肌が敏感な部分なので痛いのです。

痛みを感じやすい:ワキ、VIOライン、ヒザ下、顔周り

痛みを感じにくい部位

痛みの感じ方は個人差がありますが、毛の濃さや生え方によって痛みを感じにくい部位があります。毛が柔らかくて細く、毛の密集度が少ない部分は痛くありません。

お腹や背中、お尻といった皮下脂肪が多く毛がまばらで薄い部位や手・足の指先は痛みがありません。あごや頬、ヒジなどのうぶ毛しか生えていない部位も痛みなく脱毛することができます。

痛みを感じにくい:お腹、背中、お尻、皮下脂肪が多くうぶ毛しか生えていない部位