cdce98519c99f356f2404a11491

脱毛サロンでは、まれにやけどなどのトラブルが起きてしまうこともあります。もしもそうなってしまった場合、慰謝料はもらえるのでしょうか?今回はやけどしまった時はどうすれば良いか。対処法など詳しく説明していきたいと思います。

脱毛でやけどするの?

4c94db3c359936ba6fbd7910a91

脱毛サロンやクリニックで使用しているほとんどの機器は、黒いメラニンに反応することでムダ毛を処理します。温度は70度前後になり、やけど防止のために冷却パットを当てる、またはクリームやジェルを塗ります。このやけど防止の処置がきちんとできていないと、やけどしてしまう可能性があります

また、メラニンに反応する機器の場合、日焼けしているとほとんどの場合は脱毛できないといわれるのですが、もしも日焼けしているところに脱毛機器を照射してしまうと肌のメラニンにも反応してしまうため、それもまたやけどの原因になります。

意外と日焼けしがちで、ターンオーバーが遅くメラニンがたまってしまう、ひじ下の脱毛はやけどに要注意です。VIOラインなどの肌が敏感な部分も、トラブルが起きやすいといわれています。

脱毛サロンでやけどしたと思った時?

pixta_16980087_m_r

脱毛サロンに対していきなりやけどしたといっても、自分でもサロン側もやけどと判断することはできません。

やけどしたと思った場合は、すぐに病院へ行き診断書をもらいましょう。その際は、サロンで脱毛を受けたということを必ず伝えることが大切です。それが原因と認められたうえでサロンへ行ったほうが、話もスムーズにすすみます。

ほとんどの方が、安心して脱毛サロンに通っていますが、いつ何が起こるかはわかりません。こうなってしまった時のためにも、契約時の書類や領収書などはきちんと保管しておきましょう

また、いつ行ったか、どんな施術をしたかなど詳細を記録しておくのがおすすめです。

通院費や慰謝料の請求

6691fcf364ed2d0830209860c5a

では、通院費や慰謝料などのお金の関係はどうなってくるのでしょうか?これは脱毛サロンによっても対応が異なってくると思います。

まずは脱毛サロンとの契約書をきちんと読んでみましょう。その際にトラブルが起きた時のことなどが書いてある場合があります。

また、病院と提携しているサロンなどでは、無料で診断してくれたりもします。それ以外の場合は、実際にかかった通院費は領収書をもらい、脱毛サロンに支払ってもらえるのか聞いてみましょう。

もらえない場合や、慰謝料を請求したい場合は、弁護士を通す必要があります。弁護士費用はだいたい30万円程。さらに慰謝料を請求できた場合は1~2割ほど渡す場合があります。慰謝料の額は、部位や状態によります。普段目に見える場所や、やけどが残ってしまう場合などはもちろん金額も大きくなります。ここまでくると、知識が必要になるのでまずは弁護士に相談してみましょう。

脱毛サロン選びは慎重に

pixta_22490009_M_R

脱毛サロンを選ぶ際に見るポイントは、金額・キレイさなど人それぞれです。

ですがこのように、いつ誰にトラブルが起きるかはわかりません。そんなときのためにも、アフターケアが充実しているところなどを重視してみるのもおすすめです。

またカウンセリング時にやけどした場合はどうなるのかなど、あらかじめ聞いておくと良いです。

ちなみに、やけどするのが心配という方は、体温と同じくらいの温度で施術できる機器を導入している、ディオーネなどがおすすめです。低温なのでやけどになる可能性はとても低いですよ。

他のサロンでも、医師が常駐しているところもあります。こちらの記事を参考に、サロン選びは慎重に。そしてやけどした際はいち早く病院へ行きましょう。