ff272b4ac745a25414419db7a0ec6870_m_r

脱毛経験者の口コミを見ると、シミが消えた、薄くなった、ホクロの色が黒から茶色に変化したなど感想が多く見られます。脱毛をするとホクロやシミは消えるのでしょうか?

光・レーザー光線はメラニン色素に反応

pixta_13178861_M_R

脱毛サロンや医療クリニックの光やレーザー光線は、メラニン色素に反応して脱毛を行っています。毛が黒いのは、メラニン組織を含んでいるからです。ホクロやシミが黒いのもメラニン色素によるものなので、光やレーザー光線がホクロやシミにあたると当然反応します。

レーザー脱毛で使われているアレキサンドライトは、元々シミの治療として使われていたものです。そのため、顔脱毛などをした時にシミにアレキサンドライトが照射されると、次第にシミが薄くなる・なくなるという現象が生じるのです。

また、光脱毛の中のILP脱毛は、小じわやしわに効果があるため、脱毛するほど肌が綺麗でプルプルとした肌になるという効果もあります。

シミに比べてホクロは色が濃いので、光やレーザーの反応も良く、その分痛みを伴います。脱毛サロンや医療クリニックによっては、ホクロにシールを貼って施術を行い、光やレーザーがあたらないように処置をしてもらえるので、痛みが気になる方はカウンセリング時にホクロの取り扱いについて確認しておくとよいでしょう。

脱毛サロンや医療クリニックは、あくまでも脱毛を受ける場所です。ホクロやシミは消えることがあるかもしれないという程度に認識しておくことが大切です。

脱毛すると肝斑も消えるのか?

シミと同じような症状である肝斑も、脱毛をすると消えるのでしょうか。

シミの原因はメラニン色素ですが、肝斑の原因は女性ホルモンの変化によるものです。そのため、肝斑に光やレーザーをあてても消えるという事はありません

逆に、光やレーザーを照射することとホルモンバランスの変化によって肝斑が酷くなってしまうという事があります。

肝斑の方が顔脱毛をしたい場合には、肝斑と脱毛の作用について詳しく、影響がないことを判断した上で施術をしてくれる場所を探すことが重要です。肝斑の方の顔脱毛は、医療的な判断を下して施術を行ってくれる医療クリニックにご相談されることをオススメします。

脱毛をするとホクロやシミが増える?

29cec53f9827d855bab98070f4c8bf65_s

逆にホクロやシミが増えてしまうという声も耳にすることがあります。脱毛でホクロやシミが増えることはあるのでしょうか。

医学的に、脱毛を行うことでホクロやシミが増えるという事はないと考えられています。

脱毛後にホクロやシミが増えたように感じる原因は様々ですが、主に考えられるのは、「ムダ毛がなくなり、毛の下に隠れていたホクロやシミが目立つようになった」ということと、「脱毛後の火傷が残り、シミのように見えている」ということです。

ムダ毛がなくなると、肌が綺麗になるので今まで隠れていたホクロやシミがはっきりと浮き出てしまいます。また、脱毛を行うことでホクロやシミに光やレーザーが反応するとその部分が熱を出し、一時火傷のような状態になります。脱毛直後は一時の火傷により元々あったホクロやシミが酷くなったように感じるのです。

脱毛後に肌をしっかりと保湿して整えると、火傷のような状態も治まっていきます。脱毛後は肌をいつも以上に保湿をして潤いを与えるようにしましょう。

日焼けした肌に脱毛を行うと火傷しやすくなり、肌トラブルを引き起こすので脱毛中は日焼けをしないように心がけることが大切です。脱毛をしてもホクロやシミが増えることはないので、安心して施術を受けてください。