90044e1efb77693418bcca20a8e

脱毛を効率的に受けるためには、避けるべきタイミングがあります。

脱毛=混んでいる=予約がとりにくいというイメージがありますよね。実は、季節によって込み具合が違います。脱毛を始めるのに避けた方がよいタイミングついてご紹介します。

脱毛を避けたい時期のタイミング

23a98d0398262f6fbdacf6a7974

夏は肌を露出するファッションが主流になるため、ムダ毛が気になる時期です。そのため、夏は脱毛を始める人が一番多いです。

脱毛サロンや医療クリニック側も、夏は脱毛の勧誘にピッタリの時期なので、夏前の6月頃からキャンペーンを展開します。キャンペーンのおかげで、さらに夏から脱毛をはじめる方が増え繁忙期になるのです。

脱毛は毛周期に合わせて2・3ヶ月に1度施術を受けるため、夏に脱毛を始めてもムダ毛はなくなりません。そして、ムダ毛が気になって夏に脱毛を始めても、お店が混雑して予約がとりにくいことが多いです。

こういった理由から、夏は脱毛開始に向いていない時期となります。脱毛開始を避けた方がよい時期は6月~9月の時期と言えるでしょう。

それでは、脱毛開始に向いている時期はいつでしょうか。脱毛サロンや医療クリニックでは10月~2月の初冬から冬の時期が閑散期になるので、この時期は予約がとりやすいですし、お店の方々も余裕を持って対応してくれます。

また、閑散期であるためにキャンペーンを行っているお店が多く、夏のキャンペーンよりも割安で脱毛が受けられます。さらに、冬に脱毛を開始するとムダ毛が気になる夏には脱毛を実感できるようになっているので、脱毛は冬に始めるのがおススメです。

脱毛を避けたい日時のタイミング

pixta_22329635_M_R

脱毛の予約をする際、避けた方がよい曜日と日時があります。曜日では土曜日・日曜日、時間帯では、平日の午後5時以降の予約がすぐに埋まりやすいです。

脱毛を受ける女性は、独身OLや若い方が多く、仕事が休みになる土日や仕事終わりに脱毛をするために、平日5時以降に予約を取ります。そのため、混雑時を避けたいならば土日と平日の5時以降の予約は避けた方がよいでしょう。

平日のオープンから5時まで、特に午前中はお店も空いているので予約が取りやすいでしょう。

脱毛を避けるべき体調面のタイミング

d89fe9bab88fab3fbabfabb8646d097e_m_r

脱毛を受ける際には、体調面でも避けた方がよいタイミングがあります。

脱毛は肌が敏感な時期やホルモンバランスが崩れている時に行うと、肌トラブルを起こしやすいです。女性ホルモンのバランスを崩しやすい、生理時には脱毛を避けるようにしましょう。

デリケートゾーンの施術を行うVIOラインの脱毛は、お店側から生理時には脱毛できないと断られます。

また、生理前の時期も肌が荒れ、乾燥や色素沈着を起こしやすい時期であるため、できれば避けるようにしておきたいです。

自分の生理周期と脱毛周期を上手に合わせて、肌や体調にストレスのかからない時期に脱毛を受けるようにしましょう。

また、妊娠中や授乳期も脱毛は避けた方がよいです。妊娠中や授乳期も女性ホルモンのバランスが崩れ、肌が敏感になっています。特に妊娠中はお腹が大きくなると仰向けに横たわる姿勢や、うつぶせの姿勢を取りにくくなり危険です。

肌が敏感になっている時期に脱毛を行うと、いつも以上に痛みを感じやすくなり、肌荒れを起こします。脱毛の光やレーザーが胎児に影響することはありませんが、痛みによるストレスが子宮収縮を招く恐れもあります。

授乳中は脱毛の光やレーザーが母乳に影響することはありませんが、授乳中のホルモンバランスの変化により体毛も変化するため、脱毛をしても効果が得られないことがあります。施術をしても授乳後にまたムダ毛が生えてきてしまうという事もあるため、授乳中も脱毛は避けた方がよいでしょう。

脱毛を避けた方がよいタイミングを時期・日時・体調面をまとめました。脱毛を効率的に済ませるためにも、自分に合ったタイミングを見つけることが大切です。