pixta_15104148_M_R

ムダ毛の処理方法として脱毛が定着しつつある現在、主流となっている脱毛方法は、脱毛サロンでの光脱毛と医療クリニックでの医療脱毛です。それぞれメリット・デメリットがあるので違いを知り、自分に合った方で脱毛を受けるようにしましょう。

脱毛方法の違い

脱毛サロンの脱毛方法

脱毛サロンでの脱毛は、光脱毛(フラッシュ脱毛)です。脱毛をエステの一環として行うため、施術はエステサロンや脱毛サロンで行います。

マシンから光(フラッシュ)を当てて、毛乳頭や毛母細胞にダメージを与え脱毛していきます。毛のメラニン組織に反応するため、黒くて太い毛によく反応します。ゴムでぱちんと弾いたような痛みがありますが、毛乳頭や毛母細胞を破壊することはないので、医療脱毛に比べて痛みが少ないことが特徴です。

光脱毛(フラッシュ脱毛)にはSSC方式とIPL方式があり、どちらもお肌へのダメージが少なく傷みもありません。脱毛サロン同士特色を出すために、脱毛後の肌のケアを行う脱毛サロンが多いです。脱毛後の肌に潤いを与え、肌を整う作用があるローションや化粧水を使ってケアをします。脱毛だけでなく、肌のケアまで行うのが脱毛サロンです。

医療クリニックの脱毛方法

医療クリニックの脱毛方法は、レーザー脱毛です。脱毛を医療行為として行うため、皮膚科やクリニックで施術を行います。また、施術は看護師や医師という医療資格保持者が行います。

毛のメラニン組織にレーザー光を照射し、熱によって毛乳頭等の毛の組織を破壊して脱毛を行ないます(白髪には反応しません)。毛の組織を破壊するので、痛みを伴いますが確実に脱毛することができるため脱毛回数は少なく済みます。

現在は痛みの少ないダイオードレーザー方式を採用しているクリニックが増え、施術時の痛みが軽減されたことから全身脱毛やVIO脱毛を医療クリニックで受ける女性も増えました。

万が一、施術によって肌にトラブルが生じた場合は、治療・薬の処方をしてもらえるというメリットがあります。

痛みが少なく肌のケアまで行えるのは光脱毛の脱毛サロン、痛みを伴うが確実に永久脱毛ができるのはレーザー脱毛の医療クリニック。

施術回数の違い

脱毛サロンの回数

脱毛サロンでの光脱毛は、毛を徐々に薄くしていくという脱毛方法であることから施術回数(期間)が多くかかります。

ワキ脱毛の場合、毛周期に合わせて6回の施術(期間として1年間)で毛が薄くなってきたことを感じ、10~12回の施術(約2年間)で脱毛が完了します。脱毛が完了しても、一定期間を過ぎると毛が再生することがあります。個人差がありますが、施術後に毛やウブ毛が生えてくることがあります。

医療クリニックの回数

医療クリニックでの脱毛は、レーザー脱毛が照射能力の高い脱毛方法であるため1度施術を行った毛は二度と再生することはありません。

永久脱毛が行えるのはレーザー脱毛です。ワキ脱毛の場合、毛周期に合わせて3回(半年)の施術で毛が薄くなってきたことを感じ、6回(1年間)で脱毛は完了です。

脱毛サロンは医療クリニックの倍の回数と期間がかかるということ。

料金の違い

脱毛サロンの料金

脱毛サロンでの施術は、医療クリニックに比べてとてもお安く、お財布に優しい料金設定です。

ワキ脱毛などは初回限定キャンペーンを利用すると数百円という低価格で脱毛を受けることができます。全身脱毛も月額制で10,000円を切る料金設定の脱毛サロンが多く、お手軽価格で脱毛を受けたいという人に人気があります。

医療クリニックの料金

医療クリニックは、脱毛サロンの相場の2倍~3倍の価格設定です。ただし、医療クリニックでも初回限定キャンペーンを行っているところもあり、ワキ脱毛を数千円で脱毛できるクリニックもあります。

医師が医療行為として脱毛を行なっているということ、二度と毛が生えてこない永久脱毛が受けられるということで、短期間で施術を終えたいという方に人気があります。

脱毛サロンはお財布に優しい低価格の料金設定で手軽に脱毛できる。医療クリニックは脱毛サロンより料金はかかるが、医療行為という安心感と永久脱毛が受けられる。