ac9d98555fdcc08cce8354e9980

脱毛サロンで行われる光(フラッシュ)脱毛は、脱毛方法の中でも1番肌に優しい脱毛方法です。それでも、ムダ毛を人工的に処理するという事から肌への負担も生じ、肌トラブルが起こることがあります。

今回は脱毛サロンの肌トラブルとその対処法についてご紹介します。

 火傷や赤みのトラブル

pixta_6654954_m_r

脱毛サロンで使用するマシンは、医療クリニックのように医師や看護師が使うマシンと違って、医療資格を必要としないためそれだけ肌に負担の少ない、痛みの少ない、肌に優しい脱毛マシンです。

そのため、火傷をすることはほとんどありません。通常の使用方法であれば火傷をするほど、エネルギーを使わずに脱毛するからです。それでも、冷却用のジェルを塗り忘れていたなどから火傷になってしまうことや、照射の熱エネルギーが強すぎで、肌に赤みを生じてしまうことがあります

火傷の場合はすぐに病院で治療を受けるようにしましょう。素人判断で処置すると痕が残ってしまうことがあります。脱毛サロンでは「ドクターサポート制度」といって提携している医療機関があることがあるので、提携している病院があればそちらを利用しましょう。

肌の赤みについては、患部をアイスノンや冷たいタオルで冷やしていると自然に消えていきます。数時間から数日で消えることがほとんどです。それでも、ひりひりとした痛みが残り、赤みが消えない場合は病院を受診するようにしましょう。

提携の病院以外を受診する場合は、診断書をもらっておくことが大切です。後々脱毛サロンへ損害賠償請求をし、医療費の負担をお願いするときに有効となります。

 ニキビのような吹き出物ができる

ff272b4ac745a25414419db7a0ec6870_m_r

脱毛サロンで施術を行った後、肌にニキビのようなブツブツの吹き出物ができる場合があります。

これは毛嚢炎といって、脱毛後の肌に汗やごみなどが付着して雑菌が入りこむことで脱毛部位が化膿してブツブツになるという状態です。白いニキビのようになります。

通常は毛嚢炎を清潔にしておくと3~4日ほどで治っていきますが、それ以上経っても治らない場合は、化のう止めや炎症を抑える薬を病院で処方してもらう必要があります。

3日ほど様子を見て、それでも全く改善しないようであれば脱毛サロンへ連絡を入れて病院を受診するようにしましょう。

肌トラブルを防ぐ方法

29cec53f9827d855bab98070f4c8bf65_s

脱毛サロンでの肌トラブルにあわないために、事前に自分自身で気を付けるべきことがあります。肌トラブルを生じないためにも、セルフケアを万全にしておきましょう。

肌に負担がかかっている、調子が悪い時は施術を受けない

肌の調子が悪い時、カミソリでの自己処理などで肌に炎症を起こしている時には脱毛の施術を受けないようにしましょう。

ホルモンバランスの崩れている時には施術を受けない

女性がホルモンバランスを崩しがちである「生理」の時には、脱毛はしないようにしましょう。生理の時は肌のバリア機能が低下しているため、肌が敏感になっています。痛みや肌トラブルが出やすい時期なので、脱毛は避けるようにしましょう。

日焼けをしない

光脱毛は、毛のメラニン色素に反応して施術を行っています。黒いモノに反応するのです。

日焼けをしていると黒い肌に照射が反応し、痛みを感じやすくなり、脱毛効果も半減してしまいます。さらに、日焼けした肌は乾燥しているので、脱毛時の痒みや赤みなどの肌トラブルを生じやすいのです。

脱毛を行うことになったら日焼け止めをこまめに塗るなどして日焼け対策を行いましょう。ただし、施術当日には日焼け止めを塗ってはいけません。日焼け止めを塗った状態では施術を行うことができないので、施術当日は洋服などで肌を隠して日焼け対策を行ってください。

セルフケアを万全にしておけば、肌トラブルを回避して脱毛サロンで快適に施術を受けられるようになります。肌トラブルを避けるためには、自助努力も必要なのです。