c450d01347c958d6008963e9b48d044b_s_r

どのサロンでも施術前に自己処理を必ずしなければなりません。もしも自己処理を忘れた場合やそり残しがあった場合、脱毛ラボではどうなるのでしょうか?

脱毛ラボのシェーピング代は?

pixta_21206008_m

脱毛ラボにはシェーピングサービスがあります。料金は1000円となり、顔やVIOを含む場合には1500円となっています。

一度くらいならいいかなと思う金額ですが、これが毎回となるとかなり出費となってしまいます。施術前は念入りにシェーピングをし、自己処理は忘れないように予定表に記入しておくのがおすすめです。

あえてシェーピング代を払う人も?

自己処理が苦手な方の中には、シェーピング代を払ってでも、スタッフにやってもらいたいという人も。

ただし全身のシェーピングをしてもらうと時間がかかってしまいますので、手の届きにくい背中や自己処理がしにくいVIOなどの処理が多いようです。

自己処理をしていても、そり残ししやすいそれらの部位は、初めからスタッフにやってもらったほうが良いという考えの方もいるようですね。

脱毛ラボでシェーピング代を取られたくない場合

c7ab02dd34797669a2a6a19fd6db8c7e_m_r

シェーピング代を支払いたくない場合には、自己処理を完璧にするというのが一番です。ですがそれができない場合、いくつか方法があります。

・シェーピングを断る

スタッフがそり残しを見つけシェーピングをする際、「シェーピングしますね」と言われますが、その際にしなくと良いですと断れば、シェーピングをされることはないかと思います。

ただしそのまま脱毛しても効果が見られなかったり、その部位を避けての施術だったりになります。そうなってしまうのであればシェーピング代を支払ったほうが良い気もしますが、どうしても払いたくない場合は思い切って断りましょう。

・キャンペーンを利用する

脱毛ラボでは過去に、その時に契約をすればシェーピング代がずっと0円というものだったり、○月〇日~○日までシェーピング代が無料というような数々のキャンぺーンを行っています。このようなシェーピングに関するキャンペーンを利用すれば、無料でシェーピングサービスを受けることができます。

脱毛ラボでそり残しといわれない自己処理方法

84be0a485b0dc08d1e8fb12fec76f105_m_r

・電気シェーバーを使う

自己処理をする際はカミソリなどではなく電気シェーバーを使用しましょう。

カミソリの場合肌を傷つけてしまう心配があるため、剃るときも力加減を弱くしてしまいがちです。そうなるとそり残しと言われてしまう原因になるので、電気シェーバーを使うのがおすすめです。

・2~3日に分けて行う

脱毛ラボでは前日・前々日ごろに自己処理をしてくださいと言われますので、前々日も、前日も、当日もできるだけ沢山の回数にわけて自己処理をしましょう。何回も行えば前の日剃れていなかったところが次の日にはそれるなど、そり残しをなくすことができます。

・場所を変えてチェック

ムダ毛は光の加減で見える場合と見えない場合があるので、最終チェックするときは複数の場所で行うのがおすすめです。

脱毛ラボでは自己処理を忘れてしまうと、サロンでムダ毛を処理してくれますが、その分シェーピング代がかかってしまいます。シェーピング代は重なると決して安くはありません。脱毛ラボへ通う際は必ず自己処理をし、そり残しがないか確認するようにしましょう。