c7ab02dd34797669a2a6a19fd6db8c7e_m_r

脱毛は、施術日当日に脱毛サロンや医療クリニックへ行き施術を受ければよいのですが、施術前に自分で気を付けておくことで脱毛効果が高くなることがあります。どのようなことに気を付けておけば脱毛をスムーズに受けることができるのでしょうか。

日焼け対策

fac4f0100828793b66c3e90980070867_m_r

脱毛サロンでも医療クリニックでもムダ毛のメラニン組織にマシンが反応し、照射することで脱毛を行っており、毛が黒ければ黒いほど反応します。そのため、皮膚が日焼けをしていると皮膚に反応してしまい、火傷の原因となってしまう場合もあります。

火傷のリスクが高くなるため、脱毛サロンや医療クリニックでは日焼けした肌に脱毛の施術は行いません。そういったところから、脱毛前には日焼けしないように気を付ける必要があります。脱毛期間中は、海で肌を焼くという行為は我慢しなければならないのです。

日中外出する際には洋服で肌を隠したり、日焼け止めクリームを塗って肌を保護するように努めましょう。

ちなみに日焼け止めクリームは毛穴に入り込み、効果が出ない場合があります。そのため、施施術当日は日焼け止めクリームを塗っていると施術ができないこともあるので注意しましょう。

施術当日はカーディガンなどを使って肌を隠し、日焼けしないように対策をした上で、脱毛サロンや医療クリニックまで行くようにしてください。

毛抜きの使用はストップする

脱毛をすると決めた時点で(施術の契約をした時点で)、毛抜きで自己処理するのは止めるようにしましょう。

9ec6f6476bf01c0fdb9f804cb7ca464c_m_r

毛抜きは毛を毛根から引き抜くため、自己処理をすると仕上がりが綺麗ですが、毛周期を乱す原因となってしまいます。脱毛は毛周期に合わせて照射をしていくことで脱毛効果を高めます。毛抜きを使うと、毛周期がバラバラになるので、せっかく脱毛をしても効果が半減してしまうのです。

脱毛をすると決めたその日から、毛抜きでの自己処理はストップし、カミソリやシェーバーなどを使って毛周期を乱さない自己処理方法でムダケノ処理をするようにしましょう。

自己処理は前日までに済ませておくことがベター

脱毛サロンや医療クリニックで脱毛の契約を行うと、施術前に脱毛部位を自己処理してくるように案内されます。

84be0a485b0dc08d1e8fb12fec76f105_m_r

一部の脱毛サロンや医療クリニックではムダ毛の処理をプロの手で行ってくれるところもありますが、大抵は時間短縮の為に自分で行ってくるように指導されます。

剃り残しや未処理部分があると、施術を断られたり、別料金でシェービング代を請求されたりする場合があるので注意が必要です。

自己処理した後は肌が敏感になっており、人によっては一時的に肌が炎症を起こして赤くなる場合があります。肌が炎症を起こしている状態では施術が断れてしまうので、前日までにシェービングを行い、肌を落ち着かせ、整えてから脱毛当日を迎えるようにしましょう。

シェービング後には、肌が乾燥しないように保湿液や保湿クリームを使って、しっかりと潤いを与え肌の調子を整えておくことが大切です。

IラインやOライン、うなじや背中など自分では処理できない部分については、脱毛当日に脱毛サロンや医療クリニックでシェービングを受けることができるので、無理に自己処理する必要はありません。

脱毛サロンや医療クリニックで脱毛の契約をした場合、事前の自己処理はどの部分までする必要があるのか、きちんと確認をしておくと安心です。Vラインなどは自己処理しやすいようにプレートをもらえるところもあります。

脱毛前に気を付けておくことを実践するとスムーズに脱毛が受けられ、脱毛効果も高くなります。日頃から肌を整えておくことが、脱毛を効果的に受けるポイントです。脱毛をしたいと考え始めてからすぐにできることなので、気になっている方は自宅でのセルフケアを取り入れ、肌の調子を整えるようにしましょう。